吉高由里子が「定時で帰る」をモットーに仕事に奮闘する女性を演じる『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)の第2話が22日に放送された。

主人公・結衣(吉高)のビールを飲む姿が「スッキリする!」と初回から好印象を与えているこのドラマ

今回はユースケ・サンタマリア演じる結衣の上司・福永が「クズすぎる」演技がネット上で話題になっている。

 

■偏見がすごい

育児休暇から戻ってきた結衣の上司・賤ヶ岳(内田有紀)。双子の面倒は、育休をとった夫に見てもらうことになったのだが、夜遅くまでバリバリ働く賤ヶ岳を見た福永は、影でこんな言葉を。

「男の育休許す上司ってどうなんだろうね? 会社のお荷物なのかな? ご主人あっ…もしかして失業したと。でなきゃ何であんなはりきってんの? 赤ちゃんがかわいくないのかな?」

 

聞いているほうが思わず聞い返してしまうような、偏見に満ちた発言をしたのだった。

 

■クズすぎ!

この「クズすぎる」発言に非難殺到。

いくら何でもこれは言い過ぎ…でも、こういう人っているよね…と、「リアル」な発言に視聴者たちは震え上がったようだ。

■プロポーズに出くわす

しまいには、結衣と恋人・巧(中丸雄一)のあま〜いプロポーズシーンに出くわすというサイコパスな登場を……。この流れに、さすがに視聴者の中からは悲鳴が。

 

■怪しさハンパない

今回の放送を通して「イヤな上司が似合う」「まあ、ユースケ・サンタマリアだしな…」とユースケの怪演に賞賛の声が。

期待を裏切らない、テレビの前で地団駄を踏みたくなるような嫌な上司の姿を見事に演じ切ったようだ。

表面上は笑顔でも、まだまだ明らかにされていない深い闇がありそうな福永。そんな男を今後、ユースケがどう嫌味たっぷりに演じていくのか。今後の放送に期待だ。

《これまでに配信した『わたし、定時で帰ります』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→小島瑠璃子、胸のライン際立つ筋トレ写真 「目が…」「水着ロケに期待」と悶々の声

(文/しらべぇ編集部・卯月

パワハラ上司がプロポーズの瞬間に登場… 「怖い」「サイコパス」と非難の嵐