フロム・ソフトウェアが手掛けるSEKIRO: SHADOWS DIE TWICEニンテンドーゲームキューブの周辺機器タルコンガで攻略するプレイヤーが現れた。

 挑戦者のATwerkinYoshi氏は変則的なコントローラーゲームプレイし続けるプレイヤーで、これまでにタルコンガDARK SOULSBloodborneを攻略してきた経歴をもつ。
 彼曰く今回の挑戦は「『SEKIRO』はただの難しいリズムゲームである」という理論の証明とのこと。

 ここからはSEKIRO』のネタバレも含まれているため、まだクリアしていない方は閲覧注意だ。

(画像は『Imgur』ATwerkingYoshi氏アカウントよりより)

 タルコンガニンテンドーゲームキューブコントローラーアダプタを通じてパソコンに接続され、ひとつのタルコンガに割り当てた操作は6つ、そのタルコンガをふたつ使い合計12ボタンで操作をしていく。

 ATwerkinYoshi氏は後に続く人たちの為、ゲームに使用した設定を共有している。

(画像は『Imgur』ATwerkingYoshi氏アカウントよりより)

 割り当てたキーは戦闘重視だ。『SEKIRO』ではBボタンがステップ、L1が弾きとガード、R1が攻撃、R3がロックオンに割り当てられている。ATwerkinYoshi氏は、敵の攻撃のリズムに合わせてタルコンガを叩くのが一番楽しいポイントだとしている。

(画像はPlaying Sekiro but with DK Bongos – YouTubeより)

 『SEKIRO』はこれまでのシリーズと違い、ステルス重視のパートが増え、カメラコントロールがより重要となった。ロックオンボタン主人公の向く方向にカメラを向けることはできるが、高低差を活かしたステルスでは上下のカメラ移動が重要となる。

 しかし、戦闘重視に調整したタルコンガでは視点移動までサポートできず、ATwerkinYoshi氏もこれが非常に大変だったと振り返っている。

 ATwerkinYoshi氏は10時間、131回の死亡やコントロールハンディキャップを乗り越え、ついにSEKIRO』がただの難しいリズムゲームであることを証明した。

 次は『Dance Dance Revolution』専用コントローラークリアできることを証明しようとしている。彼の飽くなき挑戦はまだまだ続きそうだ。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros