2019年4月29日付(集計期間:2019年4月15日2019年4月21日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、乃木坂46の約2年ぶり、通算4作目となるオリジナルアルバム『今が思い出になるまで』が総合首位を獲得した。

 4月17日リリースされた『今が思い出になるまで』は、初週453,457枚を売り上げてCDセールス1位をマーク。本作にとって今回が1週目の集計ではあるが、現時点において、2019年リリースされたアルバムとしては最多となる累計売上を記録した。また、ダウンロードでは4,556DLを売り上げて3位、ルックアップでは2位と他指標でも高ランクマークしている。

 総合2位は、BTS (防弾少年団)のニューアルバムMAP OF THE SOUL:PERSONA』が獲得。4月12日リリースされた本作は、同週末3日間で8,041DLを売り上げてダウンロード1位となり、前週チャートに総合6位で初登場。そして当週、164,804枚を売り上げてCDセールス2位、2,567DLを売り上げてダウンロード5位、ルックアップは6位をそれぞれマークし、総合順位を4つ繰り上げる形となった。

 THE YELLOW MONKEYの19年ぶり、通算9作目のオリジナルアルバムとなる『9999』は、初週64,903枚を売り上げてCDセールス3位、12235DLを売り上げてダウンロード1位、ルックアップ4位となり、総合順位は3位を獲得。続く総合4位には、韓国出身9人組ボーイズ・グループ、NCT 127による日本1stフル・アルバムAwaken』が初登場。初週54,950枚を売り上げたCDセールスが牽引するチャート・アクションを見せている。

 今回で4週目の集計を迎えたback numberMAGIC』は、CDセールス7位、ダウンロード6位、ルックアップ1位をマークして、総合順位は前週から1ランクダウンの5位に。CDセールスとダウンロードは減少傾向にあるものの、ルックアップは前週チャートの集計期間内にレンタル解禁されたこともあって、2週連続でポイント増加、当週はなんと初週を上回る数字となった。2016年12月リリースベストアルバムアンコール』が初登場から当週まで、計121週にわたってルックアップ順位をほとんどトップ20内に収めていることからも、この指標におけるback numberの他アーティストとは一線を画す強さは明らかで、今作『MAGIC』もルックアップが下支えする形でロングヒットを記録するのではないかと思われる。

 最新アルバム『Eye of the Storm』が当週16位となり、初登場から10週連続でトップ20入りを維持しているONE OK ROCKだが、彼らが2010年6月にリリースした4thアルバム『Nicheシンドローム』は当週100位となり、通算164週目となるチャートイン(トップ100)を達成した。この数字は2015年6月に総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”が設立されて以来、DREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE THE BEST ! 私のドリカム』が保持していた最多記録を上回るもので、今回の記録更新をもって、ONE OK ROCK『Nicheシンドローム』が当チャートにおける最も多くの週でチャートインを果たした作品となった。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『今が思い出になるまで』乃木坂46
2位『MAP OF THE SOUL:PERSONABTS (防弾少年団)
3位『9999THE YELLOW MONKEY
4位『Awaken』NCT 127
5位『MAGICback number
6位『FRAGMENT藍井エイル
7位『瞬間的シックスセンスあいみょん
8位『FINAL FANTASY XIV:STORMBLOOD (Original Soundtrack)』祖堅正慶
9位『DUO』家入レオ
10位『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』スガシカオ
11位『声 ~Cover ch.~』富士葵
12位『Sun DanceAimer(エメ)
13位『Penny RainAimer(エメ)
14位『ログライン夏川椎菜
15位『だから僕は音楽を辞めた』ヨルシカ
16位『Eye of the StormONE OK ROCK
17位『United Star柿原徹也
18位『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナルサウンドトラック)』クイーン
19位『BOOTLEG』米津玄師
20位『Flawless Love』ジェジュン

【ビルボード】乃木坂46『今が思い出になるまで』が総合アルバム首位 BTS新作が2位に上昇&ワンオク『Nicheシンドローム』が快挙