「さるびあ丸」での東京湾納涼船は2019年が最後です。

東海汽船は2019年4月23日(火)、今夏の「東京湾納涼船」を6月28日(金)から9月23日(月・祝)までの88日間、毎日運航すると発表しました。

東京湾納涼船は東海汽船が毎年夏に約3か月のあいだ運航。東京湾をクルーズしながら、食事や飲み物のほか、音楽やダンスといったイベントを楽しむことができます。実施概要は次のとおりです。

コース:竹芝客船ターミナル19時15分発~東京湾内周遊~竹芝客船ターミナル21時00分着
・料金:大人2600円、中・高校生1050円、小学生550円(乗船料、フリードリンク消費税含む)

なお、ゆかた姿で乗船する大人は、上記料金より1000円引き(土休日を除く)です。また、6月28日(金)から3日間はオープニング割引として大人1000円となるほか、6月28日(金)に限り、ウェブ予約のうえ、ゆかた姿で乗船した大人は500円となります。

使われる船は、東京~神津島航路の大型客船「さるびあ丸」です。同船は2020年6月に引退し、新造船へバトンタッチするため、東京湾納涼船としての運航は今年が最後だといいます。

東海汽船によると、東京湾納涼船は「ゆかたダンサーズ」によるパフォーマンスや、「ゆかた姿で割引」といった企画により、「ゆかたスポットNo.1の呼び声も高い」そうです。

東京湾納涼船のイメージ(画像:東海汽船)。