8月2日(金)公開の映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』から、予告編が解禁された。

ワイルド・スピード』は、ストリートレーサードミニク・トレットブライアンオコナー、そしてそのファミリーの活躍を描いてきたアクション映画シリーズ。最新作である『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』では、シリーズの人気キャラである元FBI特別捜査官=ルーク・ホブス(ロック様ことドウェイン・ジョンソン)と、元MI6エージェントのアウトロー=デッカードショウジェイソン・ステイサム)を主役に据え、イドリス・エルバ演じる新たな敵が登場。『デッドプール2』のデヴィッドリーチ監督がメガホンをとる。


解禁された予告編には、ホブスとショウ凸凹コンビが、“それぞれのやり方”で敵をなぎ倒していく姿が。さらには、ショウの妹ハッティ(ヴァネッサカービー)や、ホブスの家族も登場し、ファミリーで巨悪に立ち向かっていく。さらに、遺伝子強化され、自らを「ブラックスーパーマン」と自負するブリクストンに、力を合わせて挑む二人の姿も。映像の最後には、トラックから飛行中のヘリコプターチェーンを巻き付け、素手で戦闘ヘリを引きずり落とそうとするホブスの見せ場も収められている。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ』は8月2日(金)日米同時公開。