6回1/3を4失点で敗戦投手に「いいピッチングがしたかった」

 メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンに所属する元DeNA久保康友投手が23日(日本時間24日)、敵地メリダで行われたレオネス・デ・ユカタン戦に先発し、6回1/3を4失点で今季初黒星を喫した。試合は6-1でユカタンが勝利。レオンは7勝9敗と勝率5割復帰は逃したが、南地区4位をキープした。

 投手戦の中、打線の援護に恵まれなかった。初回、1死から猫がグラウンドに迷い込むハプニングもありながら、立ち上がりを3人で抑えると、4回まで無得点。久保は5回に先制点を許したが、打線が6回に追い付いた。

 だが、1-1で迎えた7回に明暗が分かれた。味方のまずい守備もあり、1死一、三塁のピンチを迎えると、勝ち越しの左越え二塁適時打を献上。115球で無念の降板となった。レオンはその後もリリーフ陣が打たれ、結局、久保は4失点。38歳のベテランは「相手の先発が良かったので、(相手の先発が)降板した後に打線の援護がもらえることを願って投げたんですが……。もっと投げたかったし、いいピッチングがしたかった」と、勝ち越しを許した7回を悔やんだ

 前日22日にはチームレオンからバス、飛行機で計11時間掛けてメリダまで移動。ホテル到着時にはすでに日没間際だったため、久保は近くの球場で練習する予定を急きょ取りやめ、ホテルの敷地内の駐車場キャッチボールを行い、登板に備えていた。そんな臨機応変な対応も報われなかった。

2番手にベンチが予定していた投手とは違う投手がマウンドに上がるミスも…

 この日朝には、ディアブロス・ロホス・デル・メヒコから移籍するためにチームに合流したDeNA時代のチームメイト、モスコーソと3年ぶりに再会。「彼は日本にいた時もすごくしっかりしていて頼りになった。また一緒にプレーできるのは嬉しい」と話していた久保。モスコーソからは「この球場は低地なので(気圧が低い高地の)レオンよりも変化球が曲がる。投手に有利な球場だから」とアドバイスをもらっていたが、打線の援護にも恵まれなかった。

 リリーフ陣の不振も顕著だ。チームは開幕後、既に3人のリリーフを解雇。新たに4人を迎え入れ、さらに先発として元DeNAギジェルモ・モスコーソ投手とも契約予定。編成面でも後手後手の人事がチームの成績にもはっきりと現れている。

 しかもこの日はベンチとブルペンの無線での連携が上手くいかず、久保に続く2番手に、ベンチが予定していた投手とは違う別の投手がマウンドに上がるミスも露出。マネージャーの不手際で、試合後、ホテルの食事が用意されておらず、待ち切れない一部の選手が深夜のコンビニに向かうなど、チームにとってまさに踏んだり蹴ったりな1日となった。

 これで久保は4試合を終え、2勝1敗、防御率3.95。初黒星は喫したが、投球回は27回1/3、奪三振も30でともにリーグトップチーム内での信頼は変わらない。次回登板は敵地カンクンで行われる28日のティグレス・デ・キンタナロー戦の予定。久保は「次は中4日になるが、次こそしっかり投げたい」と、3試合ぶりの勝利を誓った。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)

メキシカンリーグで初黒星を喫した久保康友【写真:球団提供】