●予期せぬアプローチの炎上に恐怖
SNSで“バズる”家族たちを描く読売テレビ日本テレビ系ドラマ『向かいのバズる家族』(毎週木曜23:59~)に出演する俳優の白洲迅。内田理央演じる主人公の恋人役として、さわやかで真っ直ぐな好青年ぶりを見せている。

そんな白洲にインタビューすると、実際にSNSアカウントを持ちながら「怖い」「恥ずかしい」と活用しきれていないことや、ラーメンを食べるために体を鍛えている…など、意外な素顔を明かしてくれた――。

○■自分の今のことを更新するのが恥ずかしい

――今回の作品のテーマを聞いた際の印象はいかがでしたか?

題材がすごくタイムリーで攻めてますよね。演じる役と同じく、僕自身もSNSがちょっと苦手で、なんか怖いイメージがあるんですよ。「バズる」というのはいい意味ですけど、その逆である「炎上」というのもあるわけで、そうなってしまったときの一人ひとりの心理状態を題材に掘り下げていくっていうのは、なかなか興味深いなと感じました。

――ご自身もSNSをやってらっしゃいますけが、怖がりながらやってるという感じなんですか?

そうですね(笑)。しっかり活用してる人が多いですが、僕はそうじゃない派の人間なんです。あまり更新もせず、ちょっと何か言ったことが炎上するんじゃないかとか思って、あまり更新もしないんで…。炎上してる人を見ると、全く予期せぬアプローチから責められてることがあるじゃないですか。それが怖くて。

――揚げ足撮られたりしますもんね。

そうなんですよ。実際、そこまで気にするほどのことじゃないと思うんですけど、自分の今のことを更新するのが恥ずかしくて、なんか苦手で(笑)。それで結構悩んでて、ブログに「何を更新したらいいのか分からない」って書いたことがあるくらいです。

――でも、ファンの皆さんと直接交流できるツールじゃないですか。

そうですね。直にファンの皆さんの声が返ってくるというのは面白いなって思いますけど、そうじゃない声も直に返ってくるじゃないですか…。なんか、ネガティブなことしか言ってないですね(笑)

――せっかくこういった作品をやるわけですから、これからは積極的にSNSを活用したいという思いはあるんですか?

思いはあります。更新しなきゃとも思うので、そこは勉強できたらいいなと思います。
○■共感する人はいっぱいいる

――SNSを使って匿名で発信することを毛嫌いするという役柄ですが、共感できますか?

すごく共感しちゃいますね。匿名だからこそ言えちゃうってこともあって、ストレス発散になる分には全然いいと思うんですけど、それで人を傷つけてしまうことが実際に起きているじゃないですか。だからやっぱり、僕の中でSNSというものがすごく怖いものなんですよ。触らぬ神に祟りなしじゃないですけど、ちょっと敬遠しがちなんです。

―― 一方で承認欲求を満たすということへの理解はいかがですか?

その気持ちもすごく理解できます。やっぱりフォロワーが増えていいコメントが多かったらうれしいでしょうしね。でも、そこに縛られてストレスになってる人も絶対いるだろうし。そこに悩みを抱えてる人って、たぶん抱えていない人より多いと思うんですよね。だからこの作品を見ると、共感する方がいっぱいいると思います。

――主演の内田理央さんの印象はいかがですか?

結構前に雑誌の取材で一緒にスチールカットを撮るということがあったんですが、内田さんは全く覚えてらっしゃらなくて(笑)。僕もほぼ覚えていないので、今回が初対面に近いんです。でも共演して、人柄が良くて、マイペースというか、自分の世界観をお持ちの方なのかなって思います。すごくニュートラルでナチュラルな感じ。

――つまり天然さんという感じですか?(笑)

そういうことになりますね(笑)

体鍛えるも「意識高いって思われそう」

――今回は「清潔感と筋肉に魅力が詰まっているスポーツジムトレーナー」という役ですが、役作りで体を鍛えることもされているんですか?

実は、体を鍛えるのはもともと趣味でやっているんです。パーソナルトレーナーをつけたりとかということではなく、筋肉系YouTuberの動画を見て、フォームとか、食事の取り方とか、セットの組み方を勉強しています。

――本当にマンツーマンでやるような感じなんですか?

そうですそうです。ほんの触りどころじゃなくて、全部教えてちゃってるじゃん!って思うくらい充実してるんです。大胸筋を鍛えようと思ったら、大胸筋の動画を上げてる人がいっぱいいて、この人は上部に効く、この人は中部に効く、この人は下部に効くという感じで、いろんな部位の動画があるので、それでローテーションを組んでやってます。

――SNSと違って有効活用してますね!

ただ、今回の役は筋肉を大きくしすぎてしまうといけないんです。あんまりゴリゴリだと女子ウケも悪いので、いろいろ考えながらやっています。鍛えるのが好きだし、自信もつくから、わりとやっちゃうほうなんですけど(笑)

――その鍛えた成果を劇中で披露する場面はあるのでしょうか?

はい、あるんです…。4話でシャワーシーン(笑)

――そのオフショット、抜群のネタじゃないですか! インスタに載せましょうよ!

「意識高い」って思われそうで、恥ずかしいですよ…(笑)

○■ラーメン二郎から出た瞬間ファンに見つかる

――でも今回の役柄で、鍛えるのに明確な目標ができたという感じですね。

そうですね。実はなんで鍛えているかというと、ラーメンのためなんですよ。ラーメン100%楽しむため(笑)

――なるほど! 普段から体を鍛えていれば、ラーメンを食べて後悔することもないんですね。好きなラーメンはなんですか?

本当に全般好きなんですけど、特にラーメン二郎が好きです。

――結構ガッツリ系ですね。それだと頑張って鍛えないといけないですね。

はい。このあいだ二郎の目黒店で食べ終わって外に出た瞬間、女の子2人組に気づかれちゃって。普通に対応したつもりなんですけど、二郎を食べ終わるとニンニク臭いし、結構体力を使ってクタクタになるんですよね(笑)。だから、あの女の子たちに「白洲迅、ニンニク臭かったな」って思われたのかなと想像して、ちょっと落ち込みました。

――それこそ、SNSで食べたラーメンを記録していくのはどうですか?

こっそりやってはいるんですけど、続かないんですよね。あんまりラーメンアップしすぎても、引かれちゃうんじゃないかなと思って…。

――いろいろ考えすぎてしまうところがあるんですね(笑)

そうですね(笑)

――では、最後に『向かいのバズる家族』の見どころをお願いします。

バイトテロ動画がニュースになる中、すごくタイムリーで、なかなかデリケートな題材ではありますが、SNSで悩みを抱えている人にとってはすごく感情移入できると思いますし、僕みたいなSNSがちょっと苦手で敬遠している人側からの目線でも楽しめるし、本当にこのSNSというものについて、すごく考えさせられる作品だなと思います。あとは、筋トレ…ああ、やっぱりやめます! 放送されて「あんまり鍛え上がってないじゃん」って思われるのもアレなので(笑)。えーと、そんなに頑張ってないです(笑)

――だから、考えすぎですってば!(笑)

白洲迅
1992年生まれ、東京都出身。11年、舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』でデビューし、ドラマ『押忍!!ふんどし部!』(tvkほか)、『おわらないものがたり』(フジテレビ)、『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-』(MBS)、映画『HERO SHOW』(15年)、『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-』(19年)などで主演。現在放送中の『向かいのバズる家族』(読売テレビ)にレギュラー出演中。

画像提供:マイナビニュース