浜松町の駅を出て、幹線道路の人ごみを縫い劇場に向かう。竹芝ウォータフロント開発計画により、2017年の6月に四季劇場[春]と[秋]は一旦クローズ。現在、この地区に残るのは自由劇場のみである。

いつの間にか両脇には建設中の高層ビルがそびえ立ち、劇場に向かう小径に置かれたベンチも撤去された。一抹の寂しさと切なさが去来するなか、美しい葡萄のレリーフと深い赤の絨毯はこれまでと変わらない優雅さで観客を迎え入れる。

劇団四季の創立メンバーであり、長らく同劇団の代表として数々の作品の演出を手がけた浅利慶太氏が旅立って約9か月。氏が愛した自由劇場にて5作品が本年12月まで追悼公演として連続上演される。

その第1弾となるのが、浅利氏が後年新たに立ち上げた浅利演出事務所主催のミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』だ。(協力 劇団四季

2019年再演版とクレジットされた本作を演出するのは野村玲子。劇団四季の看板女優の1人として活躍し、浅利演出事務所に移ってからも多くの作品で重要な役を演じてきた彼女にとってこれが初の演出作となる。

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所)

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所

舞台は東北地方の小さな村。父親の死去により、母の実家があるこの村で暮らすことになった水島勇太(ユタ)は村の子どもたちに馴染めずいじめを受けていた。ある日ユタは寅吉じいさんから地元に代々伝わる”座敷わらし”の話を聞き、彼らが出現するという旧家 ・銀林荘 の一室に泊まる。と、そこにペドロをリーダーとした5人の”座敷わらし”が現れ、ユタとわらしたちは友情を結ぶ。だが、彼らは悲しい運命を背負う存在でもあった――。

『ユタと不思議な仲間たち』は劇団四季オリジナルミュージカルだ。1970年代に「こどものためのミュージカルプレイ」として上演された作品を1984年に再構築し、今のタイトルになった。

物語に流れるメッセージ劇団四季の作品上演に対する根本的な考え方「人生は素晴らしい、生きるに値する」を体現するものであり、非常にシンプルでありながらこれ以上はないくらい奥深い。

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所)

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所

本作において、もっとも特徴的であり、多くのメッセージを担っているのが5人の”座敷わらし”たち。

どこか歌舞伎を想起させる化粧で顔を彩り、歯がない彼らは腰におむつを着けた不可思議な格好でユタの前に現れる。ペドロ親分をリーダーとしたダンジャ、ゴンゾ、モンゼ、ヒノデロら5人はつねにパワフルなエネルギーで、ユタにさまざまな気付きを与えていくのだが、じつは彼らは江戸時代の飢饉で間引かれたり捨てられたりした”この世で生きることが叶わなかった存在”なのである。

生きることが叶わなかった”座敷わらし”たちが、死を選ぼうとしたユタに「生きているって素晴らしい」「友だちはいいもんだ」と明るく強く伝えていく姿に胸が締め付けられる。人が生きていることは当たり前でも何でもなく、明日が来るということは奇跡なのだと。

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所)

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所

ユタ役の山科諒馬をはじめ、若い俳優たちは己の持つ力のすべてを舞台にぶつけてくる。村の子どもたちも、東京から来たユタに対し、戸惑いや言葉にできないネガティブな感情を抱いているのがストレートに伝わって、作品に深みと緊張感とをもたらす。誰もが”型”にハマらず、せりふや歌、振付に込められた”思い”を誠実に表現しているのに心動かされた。

また、かつてペドロを演じた菊池正が寅吉じっちゃんとして場を締め、自身の当たり役・ヒノデロを経た下村青がペドロとして、さらにダンジャ役のベテラン・坂本里咲が若い俳優たちを支える姿も非常に頼もしい。

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所)

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所

ここで、今回の演出を担当した野村玲子が最終舞台稽古の後に語ったコメントを紹介したい。

「自由劇場で『ユタと不思議な仲間たち』を上演するのはじつは今回が初めてなんです。技術的なことも含め、作品を劇場のサイズに合わせるという作業はしましたが、基本的にはすべて浅利演出を踏襲しています。私自身、俳優ということもあり、演出家からどんな時にどういう言葉をかけられたら落ち込んだり、やる気が出たりするのかがわかりますので、外部オーディションで参加した若い俳優に対しても、1人1人の個性を引き出せたら、と思い声をかけてきました。そんな中、劇団四季で長く一緒にやってきた菊池(正)さんや下村(青)さん、スタッフを含めた”チーム浅利”でこの作品に臨めたことはとても心強く、幸せなことだと思っています。

浅利氏が旅立った後は)正直、稽古場で台本を開き、仲間たちと稽古ができたことで自分を保てた部分もあります。これからも浅利が育てた作品を大事に上演していければと考えています」

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所)

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所

2011年3月11日東日本大震災の後に、当時、劇団四季代表だった浅利慶太氏は岩手、宮城、福島の小学校でこの作品を巡演。シンプルな舞台装置や照明の中、俳優とスタッフの熱、作品が持つ力は多くの子どもたちに伝わったと聞く。あれから8年が経ち、さまざまなことが目まぐるしく変わる日々の中、「生きること」に対して圧倒的な力強さで訴えかける『ユタと不思議な仲間たち』が上演されることに大きな意義を感じた。

劇中、”座敷わらし”たちが明るく歌い、ユタが勇気のおまじないとして叫ぶ「ワダワダアゲロジャガガイ」。南部弁で語られるこの言葉の本当の意味を知った時、私たちは生かされていること、明日に向かって命を繋ぐことへの祈りを実感するのである。

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所)

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所

浅利演出事務所主催(協力 劇団四季ミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』は自由劇場にて2019年5月6日(日)まで上演中。

取材・文=上村由紀子

『ユタと不思議な仲間たち』(提供 浅利演出事務所)