第18回あらすじ

 

 1980〜1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』
 第18回は、’80年代後半から’90年初頭にかけて、獣王記ゴールデンアックスエイリアンストーム』といった数々の名作2Dアクションを手がけたセガゲームスクリエイター内田 誠さんゲストにお迎えしました。

 

 セガに入社後、ハリウッド映画を越えるエンタメを目指す内田さんがさっそく携わった作品は『獣王記』。この作品は、セールスが上々だったものの難度が高すぎたため、アーケードでは短命に終わってしまいます。
 このデビュー作の反省を生かした内田さんは、次作『ゴールデンアックス』では難易度チューニング”をしっかり施し、続編が作られるほど長く愛される作品に仕上げました。

 

 その後1995年、内田さんは渡米してダイナマイト刑事を作ることに。自身初の3Dモデルを使うにあたって相談した相手は、誰あろうバーチャファイターの生みの親・AM2研の鈴木 裕さんでした。 
「部内の最高機密であるデータを貸して欲しい」という内田さんの申し出に、裕さんはどのように応対したのでしょうか……?

 

 セガの名作といえばアウトランアフターバーナー、『バーチャファイター』といったAM2研のゲームが有名ですが、『獣王記』や『ゴールデンアックス』もまた、セガイズムに溢れた名作と言えるでしょう。そんな、セガの柱を支えたクリエイターどうしの交流が、垣間見えたお話です。(編集部)

 

『若ゲのいたり』連載ページはこちら書籍『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』購入はこちら(カドカワストア)書籍『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』購入はこちら(Amazon)
作者
1962年5月4日大阪府枚方市生まれ。近畿大学法学部卒業。大学在学中の83年、小池一夫劇画村塾(神戸校)に第一期生として入学。翌84年、『ミスターワード』(『コミック劇画村塾』掲載)で漫画家デビュー。86年開始の『ドクター秩父山』(『コミック劇画村塾』ほかで連載)がアニメ化されるなどの人気を得る。大学卒業後はおもちゃ会社に就職。『週刊少年サンデー』にも不定期で『昆虫物語ピースケの冒険』(89〜91年)を連載した。パロディを主に題材とした同人誌も創作。最新刊は2017年1月刊『うつヌケ』(KADOKAWA刊)、『田中圭一の「ペンと箸」』(小学館)。

 

【『ゴールデンアックス』のソフビ人形が発売中!】

 

 『ゴールデンアックス』に登場する「チキンレッグ」が、GEEK LIFE(ギークライフ)から発売中です。 付属の「ギリウス=サンダーヘッド」のフィギュアを、ゲームさながらに乗せて遊ぶことできます。セガマニア必携のアイテムです!!

 

■価格:税込10,800円
■全高約:チキンレッグ 14cm/ギリウス 12cm
■生産:日本製

詳しくはこちらから

プレゼントのお知らせ

 『ゴールデンアックス』の「チキンレッグ」「ギリウス=サンダーヘッド」のフィギュアを1名様にプレゼント

『若ゲのいたり』連載ページはこちら書籍『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』購入はこちら(カドカワストア)書籍『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』購入はこちら(Amazon)

【あわせて読みたい】

 

『ドラクエ』を意識していたこと、誰にも伝えなかった──名作『ゴールデンアックス』を舞台化し、開発者の封印された意思を30年後に解いた劇団主宰。もちろん重度のセガマニアだった【舞台レンタヒーロー映像配信決定!】

 「『レンタヒーロー』舞台化のときにも思ったけど……ほかにも2.5次元舞台に合いそうなゲームタイトルがたくさんあるのに、 この時代にあえて『ゴールデンアックス』をチョイスしたことに狂気すら感じる のは自分だけだろうか」

 ──そう感じた『週刊ファミ通』元編集長・ バカタール加藤氏 は、大崎へと移ったセガゲームス本社に突撃し、関係者をいろいろ問い詰めることにした。