2019年4月23日(火)、「機動戦士ガンダムシリーズを始めとする数多くのオリジナルアニメーションを世に送り出してきた、富野由悠季監督の55年間にわたる仕事の成果を回顧・検証する展覧会「富野由悠季の世界」展に関するメディア向けの発表会が行われました。

当初は「こういうバカな企画はやめろ」と難色を示していたという富野監督

6月22日(土)の福岡市美術館による展示を皮切りに、2020年秋までに全国6会場を巡回します。富野監督が幼少期や学生時代に描いたイラストや、「虫プロダクション」に入社して手がけた「鉄腕アトム」の絵コンテ、これまで仕事をともにしたクリエーターたちのデザイン画や原画などの原資料を通して、富野監督の作品が時代や人々に与えてきた影響と、訴え続けてきたメッセージとは何なのかを紐解きます。

「旅立ちと期間、対立と和解、生と死、破滅と再生」をキーワードに、展示は全6部で構成。各部のテーマに合わせ、展示作品は以下のように振り分けられています。

第1部 宇宙(そら)へあこがれて(幼少期の作品、「海のトリトン」、「勇者ライディーン」、「無敵超人ザンボット3」)

第2部 人は変わってゆくのか?(「機動戦士ガンダム」「伝説巨神イデオン」 ※ともに劇場版を含む)

第3部 空と大地の間で逞しく(「無敵鋼人ダイターン3」、「戦闘メカ ザブングル」、「OVERMAN キングゲイナー」、「ラ・セーヌの星」、「しあわせの王子」、「闇夜の時代劇・正体を見る」)

第4部 魂の安息の地は何処に?(「聖戦士ダンバイン」、「ガーゼィの翼」、「リーンの翼」、「重戦機エルガイム」)

第5部 刻の涙、流れゆくその先へ(「機動戦士Zガンダム」、「機動戦士ガンダムZZ」、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」、「機動戦士ガンダムF91」、「機動戦士Vガンダム」、「ブレンパワード」)

第6部 大地への帰還(「∀ガンダム」、「リング・オブ・ガンダム」、「ガンダム Gのレコンギスタ」)

富野監督美術館の学芸員たちからこの企画を提案されたとき、当初は「演出という仕事は大変観念的で、"概念(考え方)を示すことができる仕事"であって、それを展示で説明することはできない」と固辞したそうですが、その熱意に考え方を変えたそうです。また、富野監督の55年間にわたる仕事の成果はあまりに膨大で、通常の展覧会なら70~80点の展示物があれば成立するところを、現在すでに展示物の候補が1000点以上集まっているとのこと。それをただ網羅するのではなく、各会場の学芸員たちがそれぞれのやり方でどのようにテーマを表現するか、そして「"概念を示すことができる仕事"をいかに展示で説明するか」に挑んでいます。ひとつの展示会を複数の学芸員が企画するのは珍しいとのことで、そういった意味でもバラエティに富んだ企画展となりそうです。

福岡市美術館学芸員の山口洋三さんは「今までの展示とは毛色が異なる、画期的なものになると思います。この展覧会で富野監督の世界のすべてを理解していただくというよりは、これをきっかけに富野作品について考える、触れる……そういう展示にしたいと思っています」とコメントしました。最後に、富野監督から以下のような挨拶がなされました。

「「こういうバカな企画はやめろ」と言ってきたけれど、ありがたいという気持ちもあります。"概念を展示することは基本的にできない"という意見を変えるつもりはありませんが、自分より二周りくらいも若い方たちがこういう企画をなさり、こうしてみなさんに今日いらしていただけたことにつくづく思うのが、時代が変わったということ。ここから新しく生まれてくる何かがあるのかもしれない、とはうっすら思います。となれば、旧来の考え方を振り回すことは絶対にしてはいけない。

この催しものの結果がどうなるか、僕は想像がつきません。ただ、(企画をしてくれた)彼らが信じてやっていることはわかる。ならば、それを見させていただくだけ。アニメマンガから始まったものが文化として認められる潮流があるならば、そういうものを世の中にどう広めていけばいいのかをお考えいただければと思います。僕は、具体的にリアリズムの世界に対して働きかける方法論を持っていませんでした。それでもアニメの世界でこうして生き永らえさせてもらってきたし、今日まで生きてこられたという実感だけはある。なればこそ、すべてが絵空事ではなかったのだろうという感もあります。

この「富野自悠季の世界」は、メディアがはたすべき役割――コンセプトメッセージをどのように伝えるのか。どういうコンセプトで、どういうメッセージを伝えなければいけないのか――を考えるきっかけに課題のようなものは含んでいるのではないか? これは、おごり高ぶって自分自身で語ることができます(笑)

そして、巨大ロボットモノであっても、そういうメッセージ性やドラマ性を含むことができるのだということを、実験的かもしれませんが、これまで自分なりにやってきたつもりです。そういうようなところを、この催しから何かしら読み取ってもらって、新しい生き方の方向性を発見してもらえたらありがたい。そのような礎になれる展示であってくれたらいいなと「富野自悠季の世界」は望んでおります」(WebNewtype

富野由悠季監督55年の軌跡をたどる「富野由悠季の世界」展が6月22日よりスタート