猫が飼い主を取り合う5つの原因

怒る猫

1.嫉妬しやすい猫がいる

怒る猫

意外にも、猫は嫉妬心と言う感情をもっています。嫉妬した時に、表に出すかださないかで、飼い主さんの取り合いになる原因なのです。

飼い主さんが自分よりも、他の猫に愛情を向けていると「自分も愛されたい」と飼い主を独り占めしようとします。

飼い主さんが同じように愛情を注いでいても、猫には接し方の違いに気づいてしまうのでしょう。

2.優越感が強い猫がいる

睨む猫

多頭飼いの家では縄張り争いが起こります。初めに飼われた猫が優越感を強く持ちがち。ですが自分だけのときは飼い主さんにたくさん可愛がられていたのにと、猫が増える度に不安になっていきます。

「自分の縄張りに入るな!」「ここは僕の縄張りだ!」と優越感を振りまきながら強さアピールをします。

3.ストレス

見つめる猫

多頭飼いになると、猫もストレスになるようです。猫同士が気を遣い合う事も必要です。それがストレス引き金なのかも知れません。

飼い主さんに甘えたいけど猫がいる、遊びたいけど他の猫が遊んでいる、一緒に寝たいけど他の猫が寝ているなど我慢している事も多いのでしょう。

猫もストレスの限界がきたら、飼い主さんを取り合ってしまうようです。

4.要求が強い猫がいる

手を掴む猫

多頭飼いでは、先住猫が必ず飼い主争奪戦に勝つとは言いきれません。どうしても要求が強い時は、他の猫も圧倒するような気迫を見せます。

「飼い主さんと遊びたい!」と言う気持ちが強い猫は、飼い主というより遊びに夢中なのです。先客がいようが、お構いなしに遊びます。

女の子は少し気が強いのか、男の子達も「かなわねぇなー」と言う表情で見学しています。

5.人間への依存が強い猫がいる

足にしがみつく猫

飼い主を取り合うのは、人間への依存が強い猫だそうです。猫同士では強がっていますが、飼い主さんの前では甘えん坊になります。猫同士でいるよりも、人間といることが好きなようです。

飼い主さんの前では素直になれる、飼い主さんがいないと不安になる、と言った性格の持ち主なのでしょう。

多頭飼いあるある!飼い主の5つの取り合い方

怒る猫

1.飼い主は早いもの勝ち!

膝に乗る猫

飼い主さんの膝の上、飼い主さんの隣りで寝たいと思う猫は、誰よりも早くその場を確保します。先にいれば、後からきた猫は文句も言えません。

飼い主さんのそばを取るなら「早いもの勝ち」と毛繕いをして勝利のポーズをします。

2.喧嘩で勝負!

喧嘩をする猫

飼い主さんを取り合う時に、弱い猫をいじめてしまう事もあります。自分の方が強いんだ!と言うアピールです。

相手が弱いとわかって喧嘩する場合もありますし、どちらが強いかを勝負で決めるための喧嘩をする場合もあります。そういう時は、先住猫から順番に宥めてあげましょう。

3.拗ねる作戦!

猫の後頭部

喧嘩が苦手な猫は、頭を使います。拗ねて、飼い主さんに気を向かせる作戦です。飼い主さんにわざと近寄らないで素っ気なくしてきます。

飼い主さんが「どうしたの?」とこっちに来てくれるとわかっているのでしょう。

4.飼い主におねだりポーズ

手を出す猫

「自分を選んで」と飼い主さんの前に来て可愛いポーズをとります。体をくねくねしたり、足にスリスリしたり、鳴いて可愛さアピールをする猫もいます。

猫は、飼い主さんが「メロメロ」になってしまう必殺技をちゃんとわかっているようです。

5.猫パンチで追い払え!

猫パンチをする猫

負けず嫌いの猫は、近寄る猫を追い払おうとします。近寄ってくる猫に、威嚇したり、猫パンチで「向こうに行け」と追い払います。

反対に、飼い主さんに抱っこされた猫に、飛びかかろうとする猫もいます。抱っこされた猫も怖がってしまうので、こんな時は猫を降ろすようにしましょう。

まとめ

窓際の二匹の猫

猫が飼い主の取り合いをする原因について書いてみました。猫が好きな飼い主さんは一人しかいないので、取り合いをされると大変ですね。

飼い主さんを独り占めしたいと思ってしまうのは、先住猫に多いようです。なぜなら、飼い主さんの愛情が、自分にしかなかった経験があるからなのでしょう。猫が増えて、愛情が分割されてしまったのが不安になってしまうようです。

猫が増えても、愛情は変わらないという事を教えてあげましょう。