ありがとう!そして、これからもよろしく!
ヨコハマいちの名探偵ミルキィホームズです!」

おなじみの口上もまだなく、カラフルな探偵服姿に身を包み4人が現れたのは、2010年のこと(プロジェクト2009年よりスタート)。

そこから約10年。メディアミックス作品から飛び出した声優ユニットとして走り続けてきたミルキィホームズが、2019年1月28日の『ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D.』をもってその活動に幕を閉じた。

最後にどのようなステージを見せてくれるのか注目されたファイナルライブだったが、見せてくれたのは本当に彼女たちらしい姿だった。そこで改めて感じたミルキィホームズの魅力を交えて、ライブを振り返っていこう。

出演者はミルキィホームズ(三森すずこ徳井青空佐々木未来橘田いずみ)、フェザーズ(愛美、伊藤彩沙)、小林オペラ(森嶋秀太)、スペシャルゲストアルセーヌアンリエット・ミステール(明坂聡美)、明智小衣(南條愛乃)。
○■ミルキィホームズの歴史と何より楽しさ溢れるライブ

ついに迎えたファイナルライブ。開演時間になり、スクリーンにはファイナルを発表した時の映像から紹介VTRが流れる。会場は「いよいよだ」という感傷とライブへの期待が入り混じった、何とも言えない熱気に包まれた。

そんな武道館ステージへ順番にリフトアップして登場したミルキィホームズの4人。苦楽を共にしてきた、お馴染みの探偵服姿は何度見てきたことだろうか。いつもの姿でファイナルオープニングを飾るのは、こちらも幾度となく歌われてきた「正解はひとつ!じゃない!!」(TVアニメ探偵オペラ ミルキィホームズ』OPテーマ)。ミルキィホームズを象徴する曲だからこそ1曲目にうってつけだ。

さらにTVアニメ第2幕のOPテーマナゾ!ナゾ?Happiness!!」と続き、さながらミルキィホームズの歴史を歌やパフォーマンスで追体験していくような感覚に陥る。その時々のことが蘇って胸にこみ上げてくるものもあったが、それ以上にやっぱり彼女たちのステージは問答無用で楽しい。武道館が笑顔と楽しさで溢れていった。

TVアニメの主題歌を中心に展開した序盤の中、そこに挟まれるように披露された新曲が「びよんど THE ミルキィウェイ」。“TEAMミルキィ”が作詞したこの曲は、『前向いて 踏み出そう 「それぞれの未来へ!」』といったミルキィホームズミルキアンの未来を感じさせるもの。『バカになれ』というフレーズも、実際にたくさんのバカをやってきたからこその言葉だろう。

そんな怒涛のステージファイナルの幕を開けた彼女たちだが、MCでは「ついにこの日がきたね」と感慨深げな心境も吐露。前回(2012年5月開催)の武道館公演の話になると「6年あれば他に目移りしそうなのにね」と笑っていた。確かに他のライブにも行く人は多数いると思うが、ファイナルライブに駆けつけたミルキアンに見せたのは、いつもと変わらないミルキィホームズライブならではの楽しさだった。

とはいえ、ファイナルだからこその“特別感”は当然あり、「ミルキィ A GO GO」の前には普段舞台裏でやっている掛け声をミルキアンと一緒にやる一幕も。さらに、個性がしっかり表れたソロパート、適度な難易度とキャッチーさを併せ持ったダンス……そんな“ミルキィホームズの原点”と言わんばかりの首尾一貫した楽しいパフォーマンスを繰り広げてく。

ソロ曲のコーナーでは、徳井さんはかつての武道館さながらに上空へと舞い上がって太陽となり、佐々木さんはトロッコを使ってペンライトで彩られた緑の草原へと降り立つ。三森さんがボクシンググローブをつけて満面の笑顔でパンチを繰り出せば、橘田さんはヴェール調のマントをまとい、青いバラを手に雰囲気たっぷりのステージで魅了するなど、4人がそれぞれの演出で驚かせてくれた。

10年前もそれぞれの色、個性はあった。だが、ミルキィホームズとしてだけでなく、それぞれが多岐にわたった活躍をしてきたからこそ輝く色になる。ミルキィというフィルターを通してもなお、個性が強く感じるようになったのも4人の成長の証なのだと感じた。

○■ミルキィホームズの仲間たちもステージを彩る

ソロ曲のパートが終わり、改めて4人が揃って「ミルキィホームズがやって来る、イエィ!イエィ!イエィ!」を披露すると、そこからさらに怒涛の流れ。曲によって心地よい爽やかさや熱い疾走感、激しさなどさまざまな表情を見せるミルキィホームズ

「楽しいね! ミルキィライブって」。みんなが同じことを思ったであろう言葉をMCで口にすると、休ませる気など微塵もないと言わんばかりに今度は「ぐろーりーぐろーいん☆DAYS」(TVアニメふたりはミルキィホームズ』OPテーマ)へ。

本作は“フェザーズ”の2人が加わったことでも意味深い作品だ。今回のステージでも「ちょっと待って下さい!」と愛美さんと伊藤さんが登場して、より重厚感と楽しさを増した“ミルキィホームズ シスターズ”として「ピンチパンチ」、さらに“フェザーズ”の2人で「セイシュンビギナー!」を元気にお届け。初ステージでド緊張していたことを知っている人は、笑顔で完成度高く披露する2人の姿は感慨深かったのではないだろうか。

ミルキィホームズシリーズを彩ったのは彼女たちだけではない。森嶋さん、明坂さん、南條さんがそれぞれ小林オペラアルセーヌ/アンリエット明智小衣として登場し、魅力的なキャラクターたちのステージが繰り広げられた。

森嶋さんは暖かく包み込むように「ANSWER」を歌い、その凛々しい表情や気持ちを込めて会場をゆっくり見渡す姿も印象的。黒のオフショルダーに白のスカートで登場した明坂さんは、「Brilliant Wish ~華麗なる欲望~」の曲調変化に合わせて曲中でミニスカートチェンジアンリエットアルセーヌというふたつの顔で、カッコよさとセクシーさを携えた輝きを魅せつける。

ミルキィホームズのハイパワーなラッシュを受けて登場した南條さんは、大歓声に嬉しさを噛みしめるような表情を浮かべて「ココロノエデン」を披露。明智小衣の格好良さをステージで表現してくれた。

MCではステージ上に全員が集結。こうやって全員揃ったのは前回の武道館以来かもと笑うメンバーたちは、それぞれ『ミルキィホームズ』での思い出や愛を語る。相変わらずの自由なところもあり、愛美さんが舞台裏で「go,go!! ぱわふる」の掛け声がなかったのが残念だとこぼしたので、今度は出演者とミルキアン全員で掛け声をする嬉しい一幕があった。

そして森嶋さん、いや小林オペラが「後はまかせた!」とミルキィホームズの背中を押し、ライブはついにラストパートへ。

「まだまだいけますか!」とみんなに気合を注入すると「プロローグは明日色」からさらに熱く楽しいステージが。楽曲によって色の違いはもちろんあるものの、最後だからということ関係なしに安心して身を任せて、心から楽しんでいるのが会場の空気から伝わってきた。一方で、最後だからこそ「Day by Day ~キミと一緒に」の歌詞はジーンとくるものがあった。

本編ラストは「毎日くらいまっくす☆」から「バイバイエール!」。ハイテンションに盛り上がり、ソロパートやみんなに手を振る4人は、最高の笑顔を浮かべる。「バイバイエール!」のサビにある「違う道を行くけど 何も変わらない」は、まさにこの瞬間のことに感じて感動ひとしおいい意味で何も変わらない、これまでもそうだったようにきっとこれからもそうなのだとステージを通じて確信させてくれた。

●みんなへのメッセージ
○■4人からみんなへの手紙

アンコールの声が響く会場に過去のライブ映像が流れると、再び探偵服に着替えた4人がタオルを手に登場。アンコールで原点の服に戻るのは新鮮な感じを受けたが、「やっぱりミルキィはこれでしょ!」という姿勢がなんだか嬉しい。「ミルキィアタック」ではステージを広く使って盛り上がり、曲後のMCでも触れていたように「ありがとう!ありがとう!」の言葉はこの日だからこその感動があった。

そして、4人がこの日のためにしたためてきた手紙を朗読。会場やテレビの放送等で聞いた方もいると思うが、彼女たちの想いが詰まった手紙は内容を抜粋しつつ、抜粋した部分は出来るだけ原文のまま掲載したいと思う。
○<佐々木未来

岩手の吹雪の中にいた私を見つけてくれて、夢を叶えるきっかけをくれたのがミルキィホームズでした。ミルキィの3人と出会って、ミルキアンのみんなと出会ってたくさんの思い出が出来ました。エリーになっていない人生、ミルキィホームズになっていない人生なんて考えられません。あの時、勇気を出して一歩を踏み出して、ミルキィオーディションを受けて良かったと、いま心から思います。

10年も一緒にいると、もちろん楽しいことばかりではありませんでした。時には衝突することだってありました。でも、この4人だったからこんなに長い間やってこれたんだと思います。

今日が終わって、明日は未来の1日目です。明日からそれぞれの未来に向かって歩んでいく私たちをこれからも見守っていて下さい。正直不安です。心細いです。さみしいです。でも、この約10年、ミルキィホームズで得た経験が、これからの人生、味方になって背中を押してくれると信じています。

ミルキアンのみんな。ミルキィアニメ、曲、思い出が今日消えてなくなるわけではありません。元気がなくなった時はいつでも思い出して下さい。みんな1人1人の心の中に、ミルキィホームズは存在し続けます。

だからあえて言わせてください。
ミルキィホームズ永遠に不滅です!
○<徳井青空

ずっと夢だった声優への道に連れて行ってくれたのはミルキィホームズでした。初めてネロと出会った時のキラキラした気持ちは今も鮮明に覚えています。

キャラクターの声を担当できるだけでなく、ミルキィはいろんなことをしてきました。全く運動ができない中、歌ってダンスをしてライブをして。上手くいかず悔しい思いをしたこともたくさんあります。でも、そんな時、いつもミルキィの3人と応援してくれるたくさんのミルキアンのみんながいました。本当の家族のように一緒に過ごす時間が増えて、何も言わなくても通じ合える、特別な存在です。

20歳の時から約10年。たくさん学んでたくさん笑ってたくさん泣いて。大切な時間をみんなと過ごせたことが本当に幸せです。言葉にできない、かけがえのない宝物です。形は変わっても、大好きな気持ちはこれからも変わりません。私たちはもちろん、ネロたち4人のこともずっとずっとみんなのファミリーです。

最高のファム、最高の人生を本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
○<三森すずこ

約10年という長い間、私たちのことを好きでいてくれてありがとう。最初の頃はライブイベントでみんなに会えると「私、ミルキィホームズなんだ」と、実感と喜びと少し不思議な気持ちになっていました。

ミュージカルのことばかりやっていたそれまでの人生がぐるっと変わって、今まで触れたことのなかったアニメゲーム、声優さんの世界に、初めは戸惑いも多かったけど……。始球式や地方の家電フェアなどアウェイな現場があったり、海外のイベントに参加したり、ある時は罰ゲームで、1人で探偵服着てコンビニに行ったり(笑)

いろんな挑戦を、ミルキアンのみんながいつも笑顔で見守っててくれるから、勇気を持って新しい世界に踏み出す事ができました。本当にありがとう。みんながいてくれたから、私達がミルキィホームズでいられたんだよね。いろんな景色をみんなと見ることができて、本当に幸せでした。

時代は変化しても思い出はずっとそのままです。みんなと一緒に過ごした時間はずっと私の人生の宝物です。声優になるきっかけであり、10年という長い間没入してきた活動が終わるのはほんとにさびしいです。それはミルキアンのみんなも同じ気持だよね。でも、明日からは三森すずこの第2章の始まりです。ミルキィホームズをやるために声優になった三森すずこではなく、表現者として声のお芝居をもっともっと探求していきたい三森すずこです。だから、明日からまた、go,go!! ぱわふる。
○<橘田いずみ

この10年、本当にたくさんのことを経験して、結成当初と比べると、自分で言うのもどうかと思うけど、すごく成長出来たと思います。

初めの頃は年長者だししっかりしなくちゃ、まとめ役にならないとっていつも悩んで空回りしてました。だけど、ミルキィのバカなアニメと、コーデリアさんのぶっ飛んだクレイジーなキャラクターのおかげで、バカを隠さずアホでいていいこと、クレイジーこそ最大の魅力であることを知りました。そして、そんな自分でいられたのも、メンバー3人のおかげだと思います。ミルキィホームズと出会って、飾ることのない、背伸びしない本当の自分をやっと見つけることができました。

ユニットゴールを迎えるけど、ミルキィホームズはずっとずっと生き続ける。本当は解散する時に、キャラクターアニメで一緒に棺に入って欲しいと思ってたけど、今この場所で今思うことは、ユニットは解散するけどキャラクターは生き続けて、ずっとずっとみんなの中に生き続けて欲しいって思います。

ミルキィホームズに出会ってくれて、好きになってくれて、本当にありがとう。この10年、そして今日という日が、みんなにとって人生に残る最高の思い出になるように。仕事に疲れたら、学校に疲れたら、インターネットで「ミルキィ」って検索してバカな動画で元気たくさんもらってください。そして、明日からのみんなが輝かしい未来へ!いってらっしゃーい!ありがとう!

○■最後までミルキィホームズミルキィホームズ

手紙を読み終えると、スクリーンに懐かしきファーストライブの時の映像が流れる。本人たちもこんな映像が残っていたことに驚きを隠せない様子で、佐々木さんのオーディションの映像や初の武道館公演決定、MV撮影などさまざまな場面を振り返っていく。

「私たちからの歌、皆さん受け取ってくれますか」
そう言って披露したのは、はじまりの歌である「雨上がりのミライ」。

当時のMVの隣に今の映像が流れるという、10年の歴史を感じる演出も粋なはからいだ。歌はもちろん振り付けもあの頃と同じだが、より成長して自然な笑顔で踊れるようになったのを感じることが出来た。

ダンスや振り付けについて少し余談となるが、ミルキィホームズの楽曲には“走る”振り付けがよく出てくる。結成当初の曲も最近の曲もそうであり、今まではさほど意識していなかったが、ずっと走り続けてきた象徴のように感じられて納得してしまった。

そして、歌詞を噛み締めつつ「そして、群青にとけていく」を歌う4人。

「そろそろ時間だね」
その言葉に、4人とも晴れやかな笑顔。とてもいい表情だ。

曲のラストには、あの伝説の歌手がラストコンサートマイクを置いたように、ひとりずつ探偵帽をステージに置いて階段を登っていく。深々と礼をする4人に、会場からは「ありがとう!」の声と拍手が鳴り止まなかった。

……が!

これで終わらないのがミルキィホームズ!!

鳴り止まぬ拍手。会場に響く「ミルキィコール
すると……うわ~~~!と元気に飛び出してきて、帽子を拾う4人。「みんなが呼んだら出てくるよ! 探偵だから。メソメソしてるミルキィは事件ですよ!」と冗談めかしていたが、やっぱりミルキィホームズミルキィホームズだと思えた瞬間でもあった。

昭和アイドルの引退のように、帽子を置いて綺麗に去っていくのも悪くないなと思ったりもしたが、この姿、はしゃぎようを見て「ミルキィホームズはこうでなくちゃ!」と心の底から感じられた。

そんなミルキィホームズが最後の最後に選んだ曲は、再び「正解はひとつ!じゃない!!」。元気で賑やかに楽しむ4人の姿に、こっちまで自然と笑顔になる。これこそみんなに愛されたミルキィホームズ。バカやって、変顔やって、なんでもやるけど……ずっと変わらなかったのは、みんなを笑顔にさせてくれること。

10年前の初ステージから、こうやってみんなを楽しませてくれた。
そんな彼女たちに、心から思う。

ありがとう!ミルキィホームズ!!

最後は、武道館に響く生声でいつもの挨拶をして、ヨコハマいちの名探偵は笑顔で去っていった。
Q.E.D.
自分たちがそこにいた、そしてこれからもみんなの心にいることを証明して……。

疲れた時や落ち込んだ時はミルキィホームズの歌や映像で元気になってもらいたいと話していたように、ぜひこれからも彼女たちに会いに行って欲しい。だって、いつもそこにミルキィホームズがいるから。

だから、これからもよろしく!!

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D.
セットリスト
01. 正解はひとつ!じゃない!!(TVアニメ探偵オペラ ミルキィホームズ』OPテーマ
02. ナゾ!ナゾ?Happiness!!(TVアニメ探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕』OPテーマ
03. びよんど THE ミルキィウェイ
04. ミルキィ A GO GO(TVアニメ探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』OPテーマ
05. ミルキィ100ワールド(TVアニメフューチャーカード バディファイト ハンドレッド』EDテーマ
06. 恋の調査報告書
07. 総天然色フルパワー
08. SU☆PA☆PA☆スター譲崎ネロ(CV.徳井青空
09. ヒロイン探偵物語エルキュール・バートン(CV.佐々木未来
10. 偉人先人 Oh, Hero!!/シャーロック・シェリンフォード(CV.三森すずこ
11. 禁断サンクチュアリコーデリア・グラウカ(CV.橘田いずみ
12. ミルキィホームズがやって来る、イエィ!イエィ!イエィ!(TVアニメ探偵オペラ ミルキィホームズ サイコの挨拶』挿入歌)
13. Reflection(TVアニメ探偵オペラ ミルキィホームズ アルセーヌ 華麗なる欲望』主題歌)
14. オーバードライブ!(スマートフォンアプリトイズドライブテーマソング
15. 勝利ノキズナ
16. ぐろーりーぐろーいん☆DAYS(TVアニメふたりはミルキィホームズ』OPテーマ
17. ピンチパンチミルキィホームズ シスターズ
18. セイシュンビギナー!/ミルキィホームズ フェザーズ(TVアニメふたりはミルキィホームズ』EDテーマ
19. ANSWER小林オペラ(CV.森嶋秀太
20. Brilliant Wish ~華麗なる欲望~/アルセーヌ/アンリエット・ミステール(明坂聡美)(TVアニメ探偵オペラ ミルキィホームズ アルセーヌ 華麗なる欲望』挿入歌)
21. こちらミルキィホームズ
22. みるみるUPっぷ↑↑
23. カラフル with you
24. いつだってサポーター
25. ココロノエデン/明智小衣(CV.南條愛乃)(TVアニメ探偵オペラ ミルキィホームズ サマー・スペシャル』挿入歌)
26. プロローグは明日色(PSP探偵オペラ ミルキィホームズ2』OPテーマ
27. ミルキィ tea time
28. Day by Day ~キミと一緒に
29. 毎日くらいまっくす☆(TVアニメカードファイト!! ヴァンガード』)EDテーマ
30. バイバイエール!(PSP探偵オペラ ミルキィホームズ2』EDテーマ
ENCORE
EN01. ミルキィアタック
EN02. 雨上がりのミライ(PSP探偵オペラ ミルキィホームズ』OPテーマ
EN03. そして、群青にとけていく(TVアニメ探偵オペラ ミルキィホームズ サイコの挨拶』主題歌)
WEN. 正解はひとつ!じゃない!!(TVアニメ探偵オペラ ミルキィホームズ』OPテーマ
(千葉研一)

画像提供:マイナビニュース