[ウラジオストク 25日 ロイター] - ロシアプーチン大統領は25日、北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長との会談で、今回の訪ロについて、両国が朝鮮半島問題をどう解決するかの理解につながるほか、両国関係の発展に資するとの見方を伝えた。

プーチン大統領はまた、米朝関係正常化に向けた金委員長の努力に歓迎の意を示した。

 4月25日、ロシアのプーチン大統領(写真右)は、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長(写真左)との会談で、今回の訪ロについて、両国が朝鮮半島問題をどう解決するかの理解につながるほか、両国関係の発展に資するとの見方を伝えた。写真は露ウラジオストクでの代表撮影(2019年/ロイター)