雪深い米沢に春を告げる「米沢上杉まつり」を今年も盛大に開催します!
4月29日の米沢新調と花笠踊りの交互パレード「民踊流し」で開幕し、5月2日の「武禘式」、5月3日の市内を練り歩く「みこし渡御と上杉軍団行列」は圧巻です。また、メインイベントであり戦国史上最大の合戦と称される「川中島合戦」の再現は、市内の高校生や企業の方々などの協力で行われる市民総参加のイベントですので、ぜひご覧ください!

【米沢上杉まつり公式Webサイトhttp://uesugi.yonezawa-matsuri.jp/

  • 今年の見どころ

米沢上杉まつり 武禘式
上杉謙信公はその生涯において、70余度自ら陣頭に立って戦ったと伝えられています。また部下の諸将に命じて出陣させたものを加えれば数え切れないほどです。その出陣の度に武禘式と称する儀式を行い、神仏に戦勝を祈りました。この儀式は神仏に代わって不正不義を討つという強い信念に基いたものです。当日は、武禘式保存会の会員によって再現されます。赤々と燃えるかがり火の中で、五沾水(ごてんすい)の儀・軍神勧請の儀などが約1時間にわたって荘厳に執り行われ、つめかけた観客をしばし戦国の世へ誘います。

  • そのほかの見どころ

雪国米沢にとって、このおまつりは長く厳しい冬を乗り越えて春の訪れを告げる風物詩でもあります。その幕開けを飾るのが開幕祭。上杉謙信公の命日であるこの日、千人もの踊り手らが色とりどりの衣装に身を包み、米沢新調や花笠音頭を奉納します。

  • 運営者の思い
5月3日午後2時から、戦国史上最大の死闘といわれた上杉軍と武田軍が激突する「川中島合戦」(永禄4年秋)が松川河川敷を会場に再現されます。残雪の吾妻山を背に、火縄銃の発砲、上杉謙信公が単騎で武田軍に斬り込む「三太刀七太刀」の名場面や、全軍団による総がかり等両軍合わせ約800名もの武者が入り乱れての戦闘シーンは迫力満点で、まるで現代に甦る戦国絵巻です。戦国時代タイムスリップしたような迫力を感じていただけるのではないでしょうか。【米沢上杉まつり実行委員会 加藤】
4月29日(月祝)場所:松が岬公園・伝国の杜周辺
9時00分~ オープニングセレモニー
9時30分~ ステージイベント
10時00分~ 上杉神社例大祭
11時15分~ 民踊流し(伝統の米沢新調・花笠音頭の交互パレード)
13時00分~ ステージイベント

5月2日(木祝)
16時30分~ 武禘式軍団行列(行列コース:上杉家廟所⇒上杉神社
18時30分~ 武禘式(場所:伝国の杜前広場)

5月3日(金祝)
9時30分~ みこし渡御(南部小学校スタート
10時20分~ 上杉軍団行列(興譲小学校スタート
14時00分~ 川中島合戦(場所:松川河川敷

●詳細は「米沢上杉まつり公式Webサイト」をご覧ください。
http://uesugi.yonezawa-matsuri.jp/

  • 交通情報・桟敷席販売について
東北中央自動車道福島大笹生IC~米沢北ICは無料となっております。
まつり当日「米沢中央IC」は混雑が予想されますので、「米沢八幡原IC」または、「米沢北IC」をご利用ください。
5月3日川中島合戦桟敷席(お土産付き一席2,000円)もご準備しております。あなたもぜひ桟敷席に座り、目の前で戦国絵巻の興奮を味わってみませんか!!

配信元企業:米沢市観光課

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ