松田ゆう姫、萩原聖人が、4月26日(金)放送の「ダウンタウンなう」(毎週金曜9:55-10:52、フジテレビ系)にゲストで登場。

【写真を見る】“ぶっとびキャラ”松田ゆう姫はダウンタウン二人から同時にツッコまれる一幕も

「本音でハシゴ酒」で、ダウンタウン坂上忍らと東京・五反田の店で酒を飲みながら本音で語り合う。

■ ゆう姫が明かす松田家の実態

父は伝説の俳優・松田優作さん、母は女優・松田美由紀、そして二人の人気俳優・松田龍平松田翔太を兄に持ち、まさに最強芸能一家で育ったゆう姫のトークでは、知られざる“ぶっとびキャラ”、そして松田家の知られざる実態が明らかに。

以前他の番組に出た際、視聴者からタメ口を指摘され気にしているというゆう姫だったが、乾杯早々に坂上に対して「え、私? それ自分で言うの?」と答えてしまい、総ツッコミを受ける。

その後も随所にタメ口が出てしまい、その独特のキャラクターと雰囲気に見かねた坂上が「もうタメ口でいい!」、松本人志も「トークが成り立たないから今日は無礼講!」と許しを出す異例の展開に。

ゆう姫の素顔に迫るトークでは「(父の)病室には兄たちは入れなかった」と、父・優作とのエピソードも明かされる。

また、母・美由紀からタレコミが届き、反抗期の親子のけんか、さらに激しい兄弟げんかのエピソードなど、ゆう姫のハードボイルドな一面が語られる。

また、松田家ではアートから芝居まで家族での会話が充実しすぎているため、「同年代との会話がつまらない」と松田家に育ったがゆえの悩みも語られる。

萩原聖人名言集

別の店のゲストとして登場した萩原は、20代で数々の映画賞を獲得し、当時の若手ナンバー1俳優の称号を欲しいままにしていた過去のとがった自分を反省。

現在は硬派で穏やかなイメージだが、ドラマ若者のすべて」(1994年10月12月フジテレビ系)では木村拓哉とW主演を果たすなど絶頂期だった頃は相当とんがっていたことが明らかに。

当時の番組関係者から証言が届き、ドラマ撮影の裏側や共演者とのマル秘エピソード、さらには一同を驚かせる萩原名言集などを披露していく。

「(当時は)ギラギラしていたのか?」との坂上の質問に、萩原は「触るもの皆、傷つけていた」と素直に認め、当時の心境を赤裸々に語る。

若い時は自分たちも相当とがっていたことを認めるダウンタウンの二人も舌を巻く、萩原のとんがりエピソードは注目だ。(ザテレビジョン

萩原聖人はダウンタウン舌を巻く“とんがりエピソード”を披露