先の皐月賞では強気の先行勝負で4角先頭、ひょっとしたら……と競馬ファンを唸らせたダディーズマインド。その鞍上、宮崎北斗騎手にはもう一つの顔がある。日本で数人しかいない実践的な脳神経学の応用知識を提供している教育機関「Z-HEALTH」の資格をもつトレーナーの顔だ。



 今年3月にはYouTubeカラダマニアちゃんねる」にて独自のトレーニング方法を紹介する動画配信を開始した。皐月賞にも出走する現役騎手でありながらユーチューバーとなった宮崎騎手に、前回は「騎手・宮崎北斗」として、今回は「トレーナー・宮崎北斗」として話を聞いた。



◆ジョッキーとYoutuberの二足のわらじ



――宮崎騎手の動画は競馬関連のYouTube動画をを見ていたらおすすめに突然表示されて、つい見たんですよ。普通に肩こりや腰痛の改善動画だと思っていたんですが、ツイッターでも競馬ファンが拡散してくれた短い動画つきツイートが流れてきて、脚を壁に上げて柔軟性を高めるものとか凄いインパクトがありました。最初は騎手だと気づかずに見てました。



宮崎:よかった。僕、そういう人を狙っていたんです。やっぱり「騎手が……」を全面に出してしまうと競馬ファンしか見てもらえないですからね。動画は今後1週間に1回程度は出していこうと思ってます。







――そもそもZ-HEALTHとは一体どういったものなのでしょうか。脳に覚えさせるという言葉が印象的だったのですが



宮崎:Z-HEALTHは体のトレーニングや整体を脳科学の視点で教えてくれる学校みたいなものですね。一般的な“体をこうするとよくなる”みたいなトレーニングではなく、脳神経学から体を考えるということです。自分の体を動かすこともそうですし、人と話すのもそうですし、究極言うと人生で生きてすることすべてに脳が関わっている。今までは大人になったら脳の成長は止まりますよ、退化していく一方ですよと言われていましたが、もちろん違います。大人になっても勉強はできるし、いろんなことを覚えられる。脳に刺激を与え続ければ成長し続けるということがわかってきて、研究も進んできている。その視点で考えた時に、じゃあトレーニングはどうなんだろう? 身体の不調ってなんなんだろう?ってなったんです。



<宮崎騎手が学んだ脳神経学・Z-HEALTHはトレーニング法というより、さまざまなトレーニングやリハビリに脳神経学の観点を取り込むものだといえるだろう。体にまつわる動きに対してスポーツ界やリハビリ業界の人々に有用なアドバイスを送っている。実際、宮崎騎手もトレーナーと呼ばれるのが適切かどうかは悩んでいた>



トレーニングが合わないのは「脳のことを忘れている」から



――身体から上(アタマ、脳)のことを忘れてるといった感じですかね。



宮崎:今までだと病院でのリハビリや整体でも、一般的に教えられているトレーニングも基本的にはこっからここ(首から下)のことしか言わない。ここの筋肉が張っているからほぐしましょうとか、あとは骨盤がこう曲がってるからこうなるんですよとか。そういうのを生体力学っていうんですけど、あくまでバイオメカニカルな……でもそうじゃないでしょ? って。



――そこからZ-HEALTHにたどり着いた



宮崎:僕は今まであらゆるトレーニングや整体を試してきました。その間にも2015年には落馬で大きな怪我もしてリハビリもたくさん試しました。でも、自分の身体には長期的に大きな変化がなかったんですね。一般的に言うと「合う、合わない」と考えるのでしょうけど……なんでだろう? って自分で勉強し始めて、最終的に脳神経学から体を考えること=Z-HEALTHにたどり着いたんです。



――身体だけでなく脳を使ったトレーニングの方が、より効果的だということですね。



宮崎:自分の体を動かすこと、人と話すこと、究極を言えば人生のすべてに脳が関わっています。そして脳の一番大切な仕事は今この瞬間を生き延びることで、その視点で見た時に、トレーニングや身体の不調とはどういう事なのかを考えることが大事なのです。



――Z-HEALTHを取り入れた実例にはどんなものが?



宮崎:有名な例はドイツサッカーワールドカップ優勝チームがZ-HEALTHを取り入れてました。大谷翔平選手のピッチングコーチの人がやっていたりとかも聞きますね。あとは全米のトライアスロンのチャンピオンもやっていたようです。私がトレーナーとして関わった例ですと、他競技のプロのスポーツ選手に指導したこともありますが、多くはトレーナーさんとか、リハビリをやっている人たちが知識を深めたいという事で勉強で訪ねて来ていただけてます。あとはトレセンに行ってトレセンの厩務員さんとか調教助手さんとか、そういう方に教えたりとか。



――騎手の仕事との両立は大変ではないですか? 今日も水曜ですが、朝は調教のため美浦に行っていたのでしょうか。



宮崎:美浦から、ちょうど今帰ってきたところですね。平日でも月曜日以外は基本忙しいです。連絡があったときに、個別に対応していくようなスタイルでやっています。来ていただければ教える感じです。自分の時間が限られているので結構断っちゃうことも多いんですけど……。



――でも、実際に直接教える機会もあるなかで、YouTubeで動画を上げるのはどういった目的があるのでしょうか



宮崎:このような活動は、自分自身がジョッキーとしてスキルアップすることが根底にあります。机で勉強するだけでは理解しきれないことをアウトプットすることで理解が深まったり、自分自身もどうしたら更に良くなるかを考えられます。それだけでなく、動画やセッションの流れを組み立てる事はレースの流れを組み立てることに繋がりますし、人に分かり易く何かを伝えることも、調教師やオーナーとのコミュニケーションに役立ってます。なので必ずしもトレーナーをやりたいわけではなく、まずは自分のスキルアップになるものだ、と思っています。



◆伝えたいことは「身体のことを知ってほしい」



――最後に、トレーニングをする上で一般の人に伝えたいことはありますか。



宮崎:一言で言ってしまえば、身体のことを知ってほしいということです。僕たちが生きていく中で身体を使わない日はありません。僕みたいなアスリートであっても、オフィスワーカーであっても、目を使って見て、耳を使って聞き、指を使って書いています。自分の身体と脳を働かせて生きているわけなので、人生の質に直接影響してるそれらのコンディションを整える方法を伝えたいです。



あと、Youtubeで動画を上げたりするのも今まで恥ずかしかったというか、理解してもらえなかったというか、ジョッキーが何してんだよって叩かれることも多くて、今まではこういうものを出していくのはどうかのか、と思っていたんですけど、今はジョッキーでも一般の方と同じようにテレビに出たりもするし、釣り行ったりもするし、ゴルフ行ったりもするし、趣味もいっぱいあるじゃないですか。僕そのなかで自分の身体を追求してくことが趣味なんで(笑)。で、そういうところをみてもらえたらなと思って始めてます。



 今後もトレーナーとしてジョッキーと二刀流を続ける宮崎北斗騎手。身体を動かすだけがトレーニングだと思っている人も多いなか、動画やツイートを見て、脳科学から考えるトレーニングに触れてみればカラダの常識を覆すかもしれない。



【宮崎北斗】

JRA騎手。2007年初騎乗。2008年2010年セラフィックロンプとのコンビ愛知杯を2度制覇。2014年に第6胸椎圧迫骨折のため長期休養していたが、その間に日本でわずかしかいない「Z-HEATH」の資格を取得。平日は「BODY DISCOVERY STUDIO」でトレーナーとしても活動している。1989年3月12日生まれ、30歳。Twitter@BodyDiscovery

取材・文/セールス森田 取材・写真/佐藤永記(シグナルRight)





宮崎北斗騎手