株式会社 Kyash(本社: 東京都港区、代表取締役: 鷹取 真一)は、このたび決済プラットフォーム「Kyash Direct」の提供を開始いたします。これにより、Kyashは様々な業態の企業様に対し、自社ブランドでのVisaカード発行や決済処理(以下 プロセシング業務)など、決済業務に関わる一連のプロセスをワンストップで迅速・低コストで提供いたします。

■ 企業へVisaカードの発行から決済までワンストップで提供
通常、自社ブランドVisaカードの発行を検討する企業は、Visa発行ライセンスを保有する銀行またはカード会社と提携し、Visa加盟店との決済処理を担うシステムを提供するシステムベンダーとの契約が必要となります。また、サービス提供までに年単位の時間や高い初期費用を要することが一般的でした。
Kyash Directでは、カード発行からプロセシング業務まで、様々な業態の企業様に対し一連のプロセスモダンAPIを通じてワンストップで迅速・低コストで提供いたします。今後、全国のコンビニスーパーで利用可能なQUICPayでの非接触決済も予定しており、スマホ一つで完結する決済手段も提供してまいります。

Kyash Directの特徴

利用企業の資産をAPI連携し、国内外のVisa加盟店で決済可能に

・自社ブランドバーチャルVisaカードを即座に発行(リアルカードの発行も対応)
・銀行預金や売上金など企業が保有する様々な金融資産とAPI連携し、国内外のVisa加盟店で決済可能
API連携した金融資産をVisaカード利用時に即時充当し、決済を可能にするテクノロジーを活用(特許出願済)
QUICPayによるコンビニスーパー、全国84万台(2019年1月時点)での非接触決済も可能

■ 想定される利用事例
クラウド費用やオンライン広告費など多額のカード決済を行うスタートアップ企業向け法人カード
・企業の従業員に対してカード毎の利用制限などを設けた柔軟な設計が可能な法人カード
仮想通貨ポイントの保有者に対して、日本円への転換後にVisa加盟店で利用可能なカード
サービス内の売上金や報酬を即時にVisa加盟店で決済できるバーチャルVisaカード

Kyash独自のプロセシングシステムについて
KyashVisaの加盟店での決済処理を担うプロセシングシステムを、2015年の創業時からスクラッチで構築してきました。ウォレットアプリKyash」では、決済時にウォレット残高の不足額を登録されているカードや銀行口座から即時充当するテクノロジーを用いています。独自システムにより、決済フローを柔軟に設計することができ、且つ送金や決済など全取引のデータリアルタイムに取得が可能です。
また、グローバルなセキュリティ基準であるPCI-DSS個人情報認証基準であるTRUSTeに完全準拠しており、クラウドベースで金融機関同等のセキュリティ水準を実現しています。
自社サービスで培った決済におけるテクノロジーと資産を、「Kyash Direct」を通じて企業様へ解放いたします。
今後はKyashテクノロジーを解放し、様々な業態の企業の金融資産を国内外の幅広い加盟店ネットワークで利用できる決済プラットフォームの提供を通じ、国内のキャッシュレスを浸透を進めてまいります。

Kyashについて】
Kyashは「価値移動のインフラを創る」というミッションのもと、カード発行・プロセシングラットフォームを提供しています。Kyashが発行するVisaカードは国内外のVIsa加盟店でご利用いただけます。
またスマホ(非接触)決済にも対応しており、全国のコンビニスーパータクシーなど幅広い店舗で利用可能です。個人向けにはウォレットアプリKyash」を、パートナー企業へはAPIを通じて即座にVisaカードを発行できる「Kyash Direct」を提供しています。

株式会社Kyash 会社概要】
会社名:株式会社 Kyash(英文表記:Kyash Inc.)
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目2番1号
代表者:代表取締役 鷹取 真一(一般社団法人 Fintech 協会理事 )
設立:2015 年 1 月 23 日
資本金:12 億 7,598 万円(資本準備金含む)
主要株主:三井住友銀行、JAFCO、伊藤忠商事、電通イノベーションパートナーズ、みずほキャピタル、SBI Investment
業務内容:ウォレットアプリKyash」および決済プラットフォーム「Kyash Direct」の運営
URLhttps://kyash.co

配信元企業:株式会社Kyash

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ