【写真を見る】新テーマランド「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のイメージ画像を公開!<写真29枚>

ウォルト・ディズニー・ジャパンによる「アメリカ ディズニーリゾート最新情報プレス発表会」が4月24日、ザ・リッツカールトン東京にて開催され、ディズニー・ディスティネーション ヴァイスプレジデントジェフヴァン・ランジェヴェルドや「カリフォルニア ディズニーラント・リゾートアンバサダーのラファバロンらが出席。アメリカカリフォルニア州にある世界最初のディズニーテーマパークカリフォルニア ディズニーラント・リゾート」と、フロリダ州にある世界最大級のディズニーリゾートウォルト・ディズニーワールドリゾート」に今年新たに誕生する「スター・ウォーズ」をテーマにしたエリアスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の詳細が明らかとなった。このエリアディズニー史上最大のテーマランドとなり、新たに2つの「スター・ウォーズ」新アトラクションも登場する。あわせて今後続々と誕生する各リゾートの新計画も発表された。

1955年に最初のディズニーテーマパークとして誕生した「カリフォルニア ディズニーラント・リゾート」は、 現在2つのテーマパークと3軒の直営ホテルやショッピングが楽しめるまさにディズニーリゾートの原点と言えるファミリーエンタテインメント・リゾート眠れる森の美女の城があることでも有名だ。

また1971年オープンした世界最大級のディズニーリゾート「フロリダ ウォルト・ディズニーワールドリゾート」は、その敷地面積なんと約40平方マイル。東京山手線の内側面積の約1.6倍の広さにあたるというから驚き。現在4つのテーマパークと2つのウォータパーク、さらに26軒の直営ホテルなどを有する巨大リゾートパークとして世界中からゲストが訪れている。

そして今年、両リゾートに満を持して新しく誕生するのが「スター・ウォーズ」をテーマにした新テーマランドスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」だ。今年12月、ついに9部作の最終章が公開することでも話題だが、スター・ウォーズ世界の延長線上にあるまったく新しい場所になるといい、5月31日に「カリフォルニア ディズニーラント・リゾート」、8月29日には「フロリダ ウォルト・ディズニーワールドリゾート」に登場する。

気になるその概要だが、まず舞台となるのは惑星バトゥー。遠く離れた銀河の未開拓領域のはずれに位置し、未知の星系領域を超えた辺境にある設定。まさにスター・ウォーズの世界にどっぷり浸かれるこのエリアで、ゲストはレイやフィン、ポー、BB-8、チューバッカをはじめとするお馴染みのキャラクターに出会えるというから楽しみが膨らむ!

そして大きな見どころとなるのが、新しく誕生する2つの新アトラクション。1つ目は、ゲストが“銀河系最速のガラクタ”のコックピットに乗り込み、スター・ウォーズの冒険へと出発する“ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン”。あのミレニアム・ファルコンに乗れるというだけでもファンには唾涎ものだが、ゲストそれぞれがパイロット、射手、航空機関士となって重要なミッションを行うというから、何度体験しても新しい楽しみがあるはず。

そして2つ目のアトラクションとなるのが、“スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス”。ディズニーが手掛けてきたなかでも最大規模となるこのアトラクションは、最先端の技術を駆使したいまだかつてない臨場感溢れるライドとなり、ゲストスター・デストロイヤーに乗り込みレジスタンスファースト・オーダーの戦闘に参戦。興奮必至の新アトラクションとなることは間違いなく、オープンは今秋以降とのこと。

銀河のフードリンクも目白押し。「オーガのカンティーナ」では、珍しいグラスに注がれたエキゾチックなドリンクを堪能。スターツアーズスタースピーダー3000の元パイロットアンドロイドレックスが流す活気溢れる音楽を聴きながら、様々なドリンクが味わえる。さらに、スターストリートマーケットにはミルクスタンドがあり、『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』でルークが惑星オク=トーに住んでいる時に登場したブルーミルクも提供、ぜひ飲んでみたい。

また、ドロイド・デポでは、アストロメク・ドロイドを組み立てることができ、2つあるコア・モデル(R-シリーズ、もしくはBBシリーズ)から1つを選んで組み立て、自分好みにドロイドをカスタマイズすることも可能。さらに「サヴィのワークショップハンドビルド・ライトセーバー」では、オリジナルライトセーバーを作ることができるというから、ファンにはたまらないお土産となること間違いなしだ。

ほかにもここでしか見つけられないグッズや、ランド内ではキャストも惑星バトゥーの衣装に身を包んでいるといい、「これから数十年に渡って家族みんなでスター・ウォーズの世界を体験できる場所を提供していく」とのことだ。

さらにこの日、同テーマランド以外にも今後両リゾートに新たに登場するアトラクションホテル、交通機関などの全貌を発表。まずは遂に完結を迎える「アベンジャーズシリーズマーベルファンに朗報。2020年には「カリフォルニア ディズニーラント・リゾート」のアドベンチャーパークマーベルスーパーヒーロー」のテーマランドが新しく誕生するのだ。幅広い年齢層のゲストスーパーヒーローたちに仲間入りできる新しいアトラクションも登場する。

同じく2020年、「フロリダ ウォルト・ディズニーワールドリゾート」に新しく登場するのが「ミッキーミニーのランナウェイ・レイルウェイ」。初のミッキーマウステーマとしたライド系アトラクションということで話題を集めること間違いなし。2.5次元と呼ばれる最新技術が大きな特色となっており、ミッキーミニーアニメーションの世界に入り込んで家族全員で楽しい冒険の旅が楽しめる。こちらは2022年カリフォルニアにも登場予定。

さらに2021年は、ウォルト・ディズニーワールドリゾートの記念すべき開園50周年イヤー!これを記念して、同年には3つのアトラクションオープン。フロリダのマジックキングダムパークトゥモローランドには映画『トロン』のアトラクションが登場。すでに上海ディズニーランドにあるアトラクショントロンライトサイクルパワーラン」をベースにしたライド型のアトラクションとなるそう。

また、フロリダのエプコットには大人気の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をテーマとしたアトラクションが登場。“宇宙旅行がもたらす興奮とアドベンチャーを体験できる場所”というビジョンのもと、本作から着想を得たアトラクションがエプコットのフューチャー・ワールドに登場する。いままでにないまったく新しいスリリングなアトラクションになると話しており、ノリノリなアクション満載の世界観にも期待!

さらに同じくエプコットには『レミーのおいしいレストラン』をテーマにしたアトラクションも登場。2014年ディズニーランド・パリにオープンし大好評を博しているアトラクションレミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー」と同様の内容になる予定で、ゲストレミーと同じネズミサイズとなってキッチン内を駆け巡るアトラクションとなる。

他にも、2019年には新しいディズニー直営リゾートホテルディズニー・リビエラリゾート」がフロリダにオープン。またオープン年はまだ発表されていないが、スター・ウォーズテーマホテルディズニーハリウッドスタジオに登場予定だといい、世界観を完全に満喫できる夢のようなホテルに注目が集まる。

創設者であるウォルト・ディズニーの「ディズニーランドは完成することはない。世界に想像力がある限り、永遠に成長し続ける」という言葉通り、常に新しい進化を遂げているディズニーの魔法の世界。距離は遠くとも、この魅力的なラインナップに心動かされた人も多いはず!ぜひ、この機会に旅行の計画をたててみては。(Movie Walker・取材・文/富塚 沙羅)

発表会には「スターウォーズ」シリーズのカイロ・レン&ストームトルーパーも登場!