ミュージシャンデザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らう「三井ホーム presents キュレーターズ~マイスタイル×ユアスタイル~」。今回は、直木賞川端康成文学賞などを受賞し、数多くのヒット作を生み出している作家・角田光代さんと、ドラマや映画、最近では朝の連続テレビ小説に出演するなど今注目を浴びている女優・岸井ゆきのさんの対談をお届けします。

左から角田光代さん、岸井ゆきのさん



◆映画化された「愛がなんだ」

角田さんが2003年に発表した小説「愛がなんだ」。
OLのテルコは、とあるパーティーで偶然知り合ったマモル(通称マモちゃん)にベタ惚れ。彼から電話があれば仕事中でも長電話をし、デートとなれば即退社。全てがマモちゃん最優先で会社もクビ寸前。そんな“純度100%の恋愛小説”として注目を集めました。

岸井:「愛がなんだ」のテルコをやると決まったとき、まず原作を読んで「この役を私ができるんだ」という思いがすごく大きくて。主演という話だったんですけど、テルコを演じられるのがすごく嬉しいと思ったんですよね。

角田:ありがたいです。テルコは過剰に人を好きになって、ストーカーという言葉が正しいかわからないけど、あんまり共感を得られるような人物像ではないと思うので、そう言っていただけて本当に嬉しいです。“自分がなくなってしまうほど誰かを好きになって、振り回されて、周りから見たら痛いし、もう止めなよと言いたくなっちゃう人”として書いたんですけど、映画を観ると、すごく強くてかっこよく、羨ましいとすら思える女の子になっていて、ある種の爽快さを感じました。生身の人が演じるのは凄いことだと思うし、岸井ゆきのさんのキャラクターもあると思うんですけど、凛としていて芯の強そうな感じが、うまい具合に出たんだと思う。



◆恋愛からはみ出た愛

角田:「愛がなんだ」を書いたときは、生き物を飼っていなかったんですけど、9年前に猫を飼い始めたんです。テルコのマモちゃんに対する想いは、私が猫を想う気持ちと同じなんですよ。ダメなところも弱いところも含めて好きで、何かしてあげたい。どんなことをしても嫌いにならない。吐いて汚しても、粗相をしても、片付けも嫌じゃないし、猫のためなら飲み会も切り上げて帰るし、旅行も行かなくなりました。その気持ちを知ってから映画を観ると、「これだ、テルちゃんの気持ち。テルちゃんでかい!」と思います(笑)

岸井:確かに、マモちゃんが何をやっても、ずっと向かっていきますもんね。「これは愛なのか恋なのか分かんない」とテルコは言うんですよね。だから「愛ってなんだろう?」と思いました。これだけ人間が生まれて頭脳が発達しているのに、答えがでないものじゃないですか。それって答えがなくていいものなのか、それぞれに答えがあるものなのかっていうのはまだわからないけど、“これは愛だ”って決めつけなくていいんだなって思いました。テルコがマモちゃんに向かっていくことがおかしく見えたりするんですけど、すごく素直でシンプルなんですよね。みんなテルコになってしまうんじゃないかと思うけど、どうしてもストッパーがある。

角田:30歳前後のときに、どこかで恋愛は勝ち負けだと思っていて。“いっぱい好き”なほうが負けで、たくさん電話をしたほうが負けとか。ご飯に誘う回数が多いほう、何かみっともないことをしたほうが負けという気持ちがすごく強くて、それがストッパーになっていて、これ以上やったらもっと負けるから、自分が負けるのは嫌だからとストッパーをかけていた部分がある。この映画を観て「勝ち負けなんてなかった」と思います。恋愛は勝ち負けじゃないことを30代の自分に教えてあげたくなったんですよね。「テルちゃんは全然負けてない」と言いたくなったので、コントロールできないものに巻き込まれる体験は、あってもいいのかもしれないなと思いますね。

岸井:だから、過去に“テルコだった人”も観てほしいし、これからテルコのようになるかもしれない人にも観てほしい。いろんな人が観て、いろんなことを感じてくれたらいいなと思っています。

角田:これがもう少し恋愛映画っぽかったら、多分50歳を過ぎた自分は「あんまり観なくてもいい、自分には関係ない」と思うんですけど、恋愛というよりは、そこからはみ出た愛や、人に向き合うことってなんだろうという、恋愛だけに収まらないようなものを書いているので、観客として観てよかったなと思います。本当に年齢を問わない映画だと思います。


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年4月27日(土)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radikoアプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:三井ホーム presents キュレーターズ~マイスタイル×ユアスタイル
放送日時:毎週金曜 17:0017:25
ナビゲーター:田中麗奈
番組ホームページhttp://www.tfm.co.jp/curators/
恋人最優先でクビ寸前!? 「純度100%」の恋愛小説とは?