【元記事を音楽ナタリーで読む】

華原朋美が挿入歌を歌唱するソフトバンクWeb動画「もしも平成元年に僕らがいたら」がYouTubeで公開された。

【大きな画像をもっと見る】

この動画はソフトバンクアーティストがさまざまなコラボレーションを展開する「SoftBank Music Projectシリーズの一環として制作されたもの。華原が歌うロックアレンジの童謡「おもいでのアルバム」に乗せて、HIKAKIN、水溜りボンド、Fischer's-フィッシャーズ-ら7組のYouTuberスマートフォンのない時代にタイムスリップした様子が描かれている。

華原朋美 コメント

自分の青春時代でもある「平成」を振り返るCMで、新時代の象徴のようなYouTuberの皆さんとコラボができとても嬉しいです。レコーディングも、監督さんがとっても優しく分かりやすく説明してくださったので、ここはこんな気持ちで歌ってみたり、ここはあんな気持ちで歌ってみたり、それぞれに季節があってニコニコしたり思い出したり楽しかったです。

Web動画「もしも平成元年に僕らがいたら」より。