乃木坂46ニューシングルSing Out!』の楽曲およびMVのマスコミ向け視聴会が25日、ソニーミュージックの本社にて開催され、同曲でセンターを務める齋藤飛鳥が登場した。なお、乃木坂46がこのような視聴会を開催するのは今回が初めての試みとなる。

 『Sing Out!』は5月29日に発売される、乃木坂46の23枚目シングル表題曲。同グループにとって今年初めてのシングルで、また元号が令和に変わってから初めて発表する作品となる。横揺れのビートクラップの音を組み込んだミディアムテンポのナンバーで、仲間との絆の大切さを歌った力強い歌詞が印象的なポップソングだ。また、今作のMVは乃木坂46ダンサーによるパフォーマンスシーンで構成されており、これまでの乃木坂46のMVとは一味違う仕上がりに。間奏パートでは齋藤のしなやかなソロダンスを堪能することができる。

 視聴会終了後、記者からの質問に応じた齋藤は今作の第1印象について「単独センターやらせていただくのは3回目で、これまでは夏曲で楽しげな雰囲気が多かったんですけど。今回もそうなのかなと思ってたら、明るい曲調ではあるけど、楽しさよりも力強さみたいなものが伝わってきた」と語る。続けて「ハンドクラップの要素があって、(ライブでは)きっとお客さんも一緒に楽しめると思います。こういう曲って今までの乃木坂になかったような?」と質問が投げられると、彼女は「確かにそうですね。以前にはなかった雰囲気の楽曲になってるし、クラップファンの方にも一緒にやっていただきたいと思っていて。結構、MVでもクラップシーンが印象的に使われていると思います」と答えた。
 レコーディングでこだわったポイントについて齋藤は「歌詞には”Happy!”とか”Smile”とか入っていて、その印象が強くあって。気持ちを込めて歌ったとしても、そういうのが薄っぺらく聴こえるのは嫌だなって思って」と語る。その後で「2番に『もし泣いている人がどこかにいても理由(わけ)なんか聞いたって意味がない』って歌詞があって。明るい曲調で、未来に向かう力強い楽曲のはずなのにそういう歌詞がちゃんとあるのが私は個人的に好きで。ちょっとジメッとした部分も隠さずに伝えた方が、明るい部分とも差がついて、より明るい部分も心に響くのかなって」と今作の歌詞について持論を展開した。これに記者から「そういう意味では齋藤さんにピッタリというか、歌いやすいんじゃないですか?」と聞かれると、齋藤は「え~…。でも今は何度か踊って歌ってもいて馴染んではいます」と笑った。

 また、『インフルエンサー』『シンクロニシティ』の振り付けも手がけたSeishiro氏が今作でも振り付けを担当。MVでは乃木坂46ダンスシーンを存分に堪能することができるが、齋藤は「(今作の)MVが好きで、それが何でかを考えた時に、大衆的で幅広く共感してもらえそうな楽曲なんだけど、振り付けはストイックだし、映像としてとても生々しいなと感じて、そこのギャップがすごく好きなんだなと。ダンスも誤魔化したくなかったし、振りも、ちょっとした目線とか手の角度とかも妥協せず撮れたらいいな思った」とMVについてのエピソードを明かす。そんなMVでのお気に入りのシーンは「2番で私と白石(麻衣)と生田(絵梨花)が踊っていて、3人が別れて生田だけになったところに高山(一実)が入ってきて。その2人が本当に楽しそうで、笑顔ってこぼれちゃうんだなっていう表情をしているんです。そのシーンを見るとほっこりします」と語った。

 記者から「仲間を意識するような歌詞の内容が印象的ですけど、乃木坂をやっていて、今作で改めて仲間を意識した瞬間はありますか?」と聞かれ、齋藤は「『1人ぼっちじゃないんだよ』とか、『仲間の声が聴こえるか?』って歌詞があるんですけど、MV撮影中はその2つのフレーズで、私と大園(桃子)は泣きそうになりながら『グッとくるね~』なんて言い合ってました(笑)」と明かす。これに「実際に泣いてはいない?」と記者から追求が入ると、齋藤は「ちょっとだけ(笑)」と笑顔を見せた。

 また「令和に出す初めての作品で、卒業するメンバーもいる中で今作は”新生・乃木坂感”というか、心機一転みたいな雰囲気はメンバー内にあったんですか?」と問われ、彼女は「平成とか令和とかは関係なく(笑)、いわゆるヒット曲というか誰もが口ずさめる楽曲が出来るといいねって話はずっと前からメンバーとしていて」と回答。それから「そういう意味では今作はすごく頭に残ると思うし、口ずさみやすい歌だと思う」「途中で英詞も入るし、欲を言えば世界中で『Sing Out!』ブームが巻き起こるといいなとは思います」と心の内を明かしていた。

 なお、乃木坂46ニューシングルの発売を記念して、5月24~26日の3日間にわたり、神奈川横浜アリーナにてライブ乃木坂46 23rdシングルSing Out!』発売記念」を行う。24日は23rdシングルアンダーメンバーに加え、伊藤かりん、斉藤優里が、25日は4期生メンバーが、26日は23rdシングル選抜メンバーと斉藤優里がステージに立つ。
MRXJ2J/A