俳優の間宮祥太朗が主演を務め、共演の渡辺大知と漫才コンビを演じる土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)が7月にスタートすることが決まった。演出は劇団ひとりが担当する。

【写真】土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』に出演する間宮祥太朗&渡辺大知

 人気漫画家・森田まさのりが「僕の最高傑作」と自負する同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇。人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右(間宮)が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤(渡辺)と運命の出会いを果たすところから始まり、やがて圭右は辻本と「きそばオートマティック」という漫才コンビを結成し、厳しい漫才の道へと踏み出していく。間宮が主人公・圭右役、渡辺が相方の潤役で初共演する。

 圭右役の間宮は、劇中で披露する漫才について、「他の芸人役の演者さんたちは、かっちりしたネタを練習されていて大変な部分もあると思いますが、僕たちはアドリブの“べしゃり”が多いです。もちろん元になるネタはあるのですが、それをベースにポンポンとやり取りしていきます」と話す。演出の劇団ひとりからは「その場の空気感を大切にするために、あえてあまり練習をしない方がいい」と言われたそうで、「何が起こるかわからない、一発本番の緊張感ある空気で撮影する予定です」としている。

 潤を演じる渡辺も「すごくアドリブ力が試されますね。練習はほとんどしていないので、笑えるものになっているのか不安ですが…ちゃんと漫才として笑っていただければ嬉しいです」とした上、作品について「お笑いをする人たちの青春の話ですが、笑いに限らず、そして年齢も関係なく、やりたいことに向かって突き進んでいく人たちのうずきというか、熱さみたいなものを感じ取ってもらいたいです」と視聴者に呼びかける。

 初の連続ドラマ演出に挑戦する劇団ひとりは「以前からやってみたかったので嬉しいです。早速、時間と予算の重圧に押し潰されそうな日々を送っておりますが、いい物を届けられるよう現場の皆さんと奮闘しております」とコメント

 原作者の森田は「この作品を描くために、僕は多分漫画家になりました」と話し、「生命を吹き込まれた圭右や辻本たちがどんな声で、どんなしゃべり方で笑わせに、また泣かせに来てくれるのか、楽しみで仕方ありません」と期待する。

 土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』は、テレビ朝日系にて7月より毎週土曜23時15分放送。

(左から)土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』に出演する渡辺大知、間宮祥太朗(C)テレビ朝日