そら植物園株式会社(所在地:兵庫県川西市 / 代表取締役:西畠清順)が参加する、国内最大級の花とみどりイベント、第36回全国都市緑化信州フェア「信州花フェスタ2019 ~北アルプスの贈りもの~」が、4月25日(木)開幕しました。

当社は、メイン会場となる長野県松本市長野県松本平広域公園(信州スカイパークやまびこドームで実施される特別企画展の目玉のひとつである「そら植物園・西畠清順による信州産サボテンによるインスタレーション」を担当させていただきました。



今回のサボテンを活用した特別企画展は、信州産のサボテンを活用し、メキシコの原風景を再現したインスタレーションになっています。
信州は内陸特有の気候で、サボテンの原生地であるメキシコ高原やアンデス山脈の風土を再現しやすく、サボテンの栽培に適した自然条件が備わっていることもあり、現在では日本全国屈指のサボテンの産地となっています。
無限に広がるメキシコの原風景を再現した展示では、鏡張りの空間に、長野県下伊那郡豊丘村の愛好家の方たちが手塩にかけて栽培したサボテンの他、長野県塩尻市の善知鳥峠(うとうとうげ)の石灰岩や、信州の河川から採取された流木を使用しています。

また、会場ブースパネルの壁面は、松本市立菅野中学校の美術部の生徒たちが描いた絵画を貼り、サボテンや石灰岩、流木の設営には、大人から子どもまで70名を越える地元信州の方々を中心としたボランティアスタッフにご参加いただき完成を迎えました。

オール信州」の素材で再現した、メキシコの原風景を体感できる「そら植物園・西畠清順による信州産サボテンインスタレーション」は、6月16日(日)までの開催となります。

ぜひ、足を運んでいただき、お楽しみください。

▼設営の様子



▼西畠清順によるインスタレーション 概要
[名称] そら植物園・西畠清順による信州産サボテンインスタレーション
[協力] そら植物園株式会社
[期間] 平成31年2019年4月25日(木)~6月16日(日)通期
[内容]
21歳より日本各地・世界各国を旅してさまざまな植物を収集し、依頼に応じてコンセプトに見合う植物を届けるプランハンター西畠清順による、信州のサボテン農家で育った、信州産サボテンインスタレーション


▼信州花フェスタ2019 概要
[名称] 第36回全国都市緑化信州フェア
[愛称] 信州花フェスタ2019 ~北アルプスの贈りもの~
[開催テーマ] 北アルプスの麓から広がる 花と緑に包まれた しあわせ暮らし
[開催期間] 平成31年2019年4月25日(木)~6月16日(日) 53日間
[会場]
メイン会場 長野県松本平広域公園
サブ会場 国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)、長野県烏川渓谷緑地、
国営アルプスあづみの公園(大町・松川地区)
サテライト会場 松本市大町市塩尻市安曇野市の各市において設定
[主催者等]
主催:長野県松本市大町市塩尻市安曇野市・公益財団法人都市緑化機構
提唱:国土交通省


■そら植物園株式会社 企業情報
社名:そら植物園株式会社
本店所在地:兵庫県川西市
代表取締役:西畠清順
URLhttps://from-sora.com
Instagramhttps://www.instagram.com/from_sora/

そら植物園は2012年より「ひとの心に植物を植える」をスローガンに立ち上げた活動で、さまざまな企業、行政機関などから寄せられる空間演出やランドスケープデザインなどの依頼を今までになかった切り口で次々と成功させ、植物の素晴らしさと魅力を広げる活動を続けています。

■西畠 清順(にしはた せいじゅんプロフィール



1980年兵庫県生まれ。21歳より日本各地・世界各国を旅してさまざまな植物を収集するプランハンターとしてのキャリアをスタート。年間平均250トンもの植物を輸出入し、日本はもとより海外の植物園、政府機関、企業、貴族や王族などに届けている。
2012年、“ひとの心に植物を植える”活動・そら植物園を設立。
植物に関するイベントや緑化事業など、様々なプロジェクトの依頼を各地で実現し、植物界の革命児として反響を呼んでいる。著書に「教えてくれたのは、植物でした」(徳間書店)、「そらみみ植物園」(東京書籍など)
Instagramhttps://www.instagram.com/seijun_nishihata/

配信元企業:そら植物園株式会社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ