ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・カー用品チェーン店のイエローハットの従業員が不適切行為
・店のタイヤに蹴りを入れ客から預かったホイールを燃やす
イエローハット「事態は把握済み」

イエローハット 不適切行為

1月に飲食店従業員が不衛生行為をする動画がSNSに投稿されることが相次ぎ、バイトテロ騒動となった。

従業員解雇はもちろん中には損害賠償を求める企業もあったほどだ。

そんなバイトテロが久しく見なかったと思ったら、今度はカー用品チェーン店のイエローハット(9882)の従業員が商品のタイヤに蹴りを入れる動画が自ら投稿し炎上している。

イエローハットの従業員が商品であるタイヤに蹴りを入れたり止めてある車をヘコませたり、または客から預かったホイールを叩くなどの破壊行為を行い最終的に火に引火させるという動画まで投稿。

こうした動画に企業側は事態を把握しているのか? 編集部が株式会社イエローハット広報に問い合わせてみたところ次のような回答が得られた。

―― 一部で富士青葉通店とは言われているが?
広報 店舗も含めて調査中です。全容が見えていないため。

―― 今回店の商品だけでなく、客から預かったホイールにまで手を出したが。
広報 動画だけだと判断ができないため調査したいと思います。

―― 処分などの予定は?
広報 それも今後の調査次第となります。ただ調査報告は出して行きたいと思います。ご心配おかけして申し訳ございません。

このように現在該当動画を全力で調査しているところだという。

追記1:2019年4月26日 19時45分

イエローハットのウェブサイトに追加情報である第2信が掲載され、そこには「動画は1~2年前に撮影されたもの」としており「関与者は6名、そのうち最初にSNSの投稿を行ったアルバイト従業員1名は、2018年7月21日付で同グループ会社を退職しており、残り5名は在職中の従業員でございます。現在、この5名については自宅待機処分を課しており、事実関係が確定次第、処分を決定する予定です」と事実関係を認めている。

また客から預かったとされているホイールについては「当該ホイールは、交換後の廃棄予定であったものであり、既に廃棄物として処理されたものでございます。その他の行為については、撮影時期の特定が進んでおらず、更なる調査を行っております。判明次第、改めてご報告申し上げます」と説明。

追記2:2019年4月27日 23時00分

不適切行為に関与した元従業員2人を逮捕。

動画はこちらからご覧ください

イエローハット 不適切行為

イエローハット 不適切行為

イエローハット