アンミカが「林先生の初耳学」(毎週日曜夜10:00-10:54、TBS系4月28日[日]は夜10:15-11:09)で「アンミカ先生が教えるパリコレ学」をスタート。8人の学院生たちに対し、秋のパリコレを目指して熱血授業を行う。

【写真を見る】スタジオゲストは赤ペン瀧川、澤部佑、田村淳、中島健人、浜辺美波、ヒロミ、みちょぱら

今回は100回以上のパリコレ取材歴を持ち、冨永愛も大きな信頼を寄せるファッションジャーナリストの生駒芳子氏を特別講師に迎え、学院生たちのファッションセンスを審査。

デザイン性の高いファストファッションがそろう「GU」で、自分の個性を活かし、かつ服の魅力も引き出すコーディネートを作るという課題が学院生たちに与えられる。

制限時間30分で出来上がったコーディネートをアンミカと生駒氏が一人ずつ審査し、寸評とともに合否を伝える

学院性たちは厳しいダメ出しの洗礼を浴びるが、合格を告げられる者はいるのか。

■ 大型音楽ライブで活躍する女性社長の職業は?

ギャル曽根のパティシエール学」では、世界的パティスリーの名店「ピエール・エルメ・パリ」本店の店頭に並べられることを目標にチョコレート菓子の商品開発に挑む。

今回はフランスで最も権威あるショコラ愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」で8年連続となる最高位“ゴールドタブレッド”を獲得した実力派ショコラティエ・小山進氏の門を叩いて武者修行。

ギャル曽根がチョコレート作りの基礎技術であるテンパリングやガナッシュ作りと共に重要な技術を習得すべく奮闘する。

「澤部佑の初耳ピーポー」では、日本最大級の音楽フェスや一流アーティストライブで活躍する女性社長に密着。

準備から本番までをほぼ一人でこなしているという彼女の現在の年収は1500万。その世界では知らない人はいない売れっ子で、全国から依頼が殺到している彼女の職業とは何なのか。現在に至るまでの苦労や仕事に賭ける思いを聞く。

ほか、紙幣を数える時に最後にパチンと鳴らす意味とは何か、銀行員の経歴を持つ林修先生が実演。また、世の中にある“win-winな関係”のモノやサービスを紹介。意外な二つのものの“win-winな関係”を問う出題に、林先生が解答に苦戦する。(ザテレビジョン

アンミカが「林先生の初耳学」で「アンミカ先生が教えるパリコレ学」 を開講。秋のパリコレを目指す8人の学院生たちに厳しいダメ出しを浴びせる