スター・ウォーズ」の世界を体感できる大規模な世界巡回展「STAR WARS™ Identities: The Exhibition(以下、STAR WARS Identities)」

日本展として、2019年8月8日(木)から2020年1月13日(月・祝)まで東京・寺田倉庫にて開催されることが決定しました!

 

STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition

 

『スター・ウォーズ』のクローン技術

 

開催期間:2019年8月8日(木)〜2020年1月13日(月・祝)

開催場所:寺田倉庫 G1-5F(東京都品川区東品川 2-6-4)

開催時間:10:00〜19:00(最終入場 18:30

休館日:2019年9月9日(月)、10月21日(月)、11月18日(月)、2020年1月1日(水・祝)〜1月3日(金)

チケット情報:
2019年8月8日(木)〜10月31日(木)入場分のチケットが、2019年4月24日(水)正午より販売中です。

販売場所:電子チケットサービス「ticket board」 ※11月以降の入場チケットは、開幕頃に発売予定

入館時間: 10:00〜11:00/11:00〜12:00/12:00〜13:00/13:00〜14:00/14:00〜15:0015:0016:0016:0017:0017:0018:0018:00〜19:00
※チケットは入場時間が決まっている日時指定制となります。購入された時間内に入館すれば滞在時間の制限はありません

価格:

区分  大人(中学生以上)  小人(小学生以下)  親子チケット
(小人1名以上を含む家族4人)
前売券  3,200円(税込)  2,000円(税込)  10,000円(税込)
当日券  3,500円(税込)  2,300(税込)  ―

 

約40年にわたり、世界中の人々が魅了され続けてきた「スター・ウォーズ

2019年12月20日(金)からは「スカイウォーカー」家の物語を描く完結編『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』の公開が予定されています。

 

 

今回開催される「STAR WARS Identities」は「スター・ウォーズ」のキャラクターを新しい形で再発見・再認識できるエキシビションとして日本に上陸。

エキシビションは、カナダ・モントリオールのX3プロダクションズがLucasfilmと共同で開発・制作した「スター・ウォーズ」の世界に存在するキャラクターの目線で来場者のアイデンティティーを紐解いていく“クエスト型体験ミュージアム”です。

 

タッチスクリーンでのキャラクター解説

 

ルーカスミュージアム・オブ・ナラティブ・アートが所蔵する、映画製作時に使用された小道具や衣装、絵画など、膨大なアーカイブ・コレクションを展示し、2012年のモントリオールでの開催を皮切りに、現在開催中のシドニーを含む世界12の都市を巡回。

会場ではタッチスクリーンでのキャラクター解説も楽しめ、子どもから大人まで幅広い世代のファンを魅了し、現在までに累計約200万人が来場しています。

 

200点以上の膨大なオリジナル・コレクション

 

展示会場のイメージ

 

会場には、ルーカスミュージアム・オブ・ナラティブ・アート所蔵の 200点以上の膨大なオリジナル・コレクションから、小道具、模型、衣装、映画のオリジナルイラストを展示。

オリジナル・トリロジー1977年1983年)、プリクエル・トリロジー1999年2005年)、アニメシリーズの『スター・ウォーズクローン・ウォーズ』、2015 年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』まで、様々な作品を網羅しています。

 

ダース・ベイダー

 

シリーズ初期から登場する人気キャラクターの「ダース・ベイダー」や

 

ヨーダ

 

ジェダイ・マスターの「ヨーダ

 

帝国軍のビークル

 

帝国軍が所有するビークルの数々

 

 

スターウォーズ/帝国の逆襲』にてカーボン凍結された「ハン・ソロ」と奴隷となった「レイア

 

BB-8

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から登場している、物語のキー・ドロイド「BB-8」

 

『スター・ウォーズ』のクローン技術

 

スター・ウォーズ』のクローン技術が展示されたスペース

 

アナキン&オーウェン・ラーズのスウープ・バイク

 

アナキン・スカイウォーカー」と義兄弟「オーウェン・ラーズ」が乗るスウープ・バイク

 

チューバッカ、ハン・ソロ、プリンセス・レイア、ランド・カルリジアン

 

チューバッカ」や「ハン・ソロ」「プリンセスレイア」「ランド・カルリジアン」の衣装なども展示。

このほかにも「R2-D2」や「ボバ・フェット」「ミレニアム・ファルコン」なども登場し、幅広い世代の来場者を魅了する内容になっています!

 

科学コンテンツ「インタラクティブスペース」によってアイデンティティーの要素を探求

 

 

会場内には10のインタラクティブスペースが登場。

来場者はインタラクティブスペースで出される問いに回答することで、自分が選択したキャラクターアイデンティティーを形成していきます。

科学的コンテンツとしてテクノロジーを駆使して開発されたこのインタラクティブスペース

これによって、来場者の選択がスター・ウォーズの世界とリンクし、回答者の個性が反映されたキャラクターアイデンティティーが創り上げられます。

つまり、来場者は自分がスター・ウォーズの世界に存在した時、「どのようなアイデンティティーを持つか」を体験することができます。

そのアイデンティティーはなんと5千万通り!

また、創り上げたキャラクターは、会場の最後にURLが発行されるのでシェアすることが可能です。

 

インタラクティブスペースのイメージ_2

 

インタラクティブスペースを体験することで創り出されるキャラクターアイデンティティーは、X3 プロダクションズとモントリオール・サイエンス・センターコンテンツエキスパートの協力によって開発された科学的な根拠に基づいています。

科学的コンテンツの開発のため、遺伝、神経心理学、保健科学、心理学など様々な科学分野の専門家によるチームを結成。

こうした専門知識でシステムを構築することで、来場者の回答によって独自のアイデンティティーが創り出されます。

また、専門家からの意見を、科学的コンテンツの開発とアイデンティティーの探求に反映することで、最新の科学に基づいたエキシビションを創り上げています。

 

アンバサダーに市川紗椰さんが就任決定!

 

記者会見06

 

 

STAR WARS Identities」日本開催決定を記念した記者会見2019年4月23日(火)に開催。

会には主催社を代表してソニーミュージックソリューションズ代表取締役の「古川愛一郎」氏が登壇し挨拶を行いました。

また、MCから日本開催の詳細について紹介されました。

 

記者会見05

 

さらに、日本展のアンバサダーに就任した「市川紗椰」さんが登場。

 

記者会見01

 

現在、シドニーで開催しているエキシビションを観覧した時の様子を写真で紹介しながら、展示内容やその見どころを紹介。

また「スター・ウォーズ」の魅力についても熱く紹介し、日本展の開催が待ち遠しくも多くの来場者に楽しんでもらえるようにPRしてくださいました☆

 

ジョージ・ルーカス氏のコメント

 

スター・ウォーズ」はファンタジーの世界で展開されるストーリーのため、映画を見る人々が共感できる、わかりやすいキャラクター設定を心がけました。

想像の世界から飛び出したようなキャラクター達は友人、敵、価値や信念などの背景を知って初めて彼らの真のアイデンティティーが見えてきます。

展覧会では「スター・ウォーズ」のキャラクターを改めて同じ目線で見て、共感して、一人一人に潜むアイデンティティーが何かを問いかけます。

 

企画者「X3 プロダクションズ」からのコメント

 

このエキシビションはスター・ウォーズの愛するキャラクターの新鮮な見方を与えるものです。

それぞれのアイデンティティーをより深く理解し、同時に我々自身のアイデンティティーについても理解を深めることができます。

展示コレクションやインタラクティブ要素、科学的コンテンツワークが手を取り合ってシームレスでエキサイティングな体験が可能となっています。

キャラクターを通じたアイデンティティーの冒険なのです。

 

スター・ウォーズ」の世界観が存分に楽しめる、クエスト型体験ミュージアム

2019年8月8日(木)から2020年1月13日(月・祝) まで日本での開催が決定した「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」の紹介でした!

ハイパードライブ
ミレニアム・ファルコンに乗って冒険の旅へ!「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」アトラクション

続きを見る

コカ・コーラ社ドリンク スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ限定デザインボトル
ブルーミルクやコカ・コーラ限定ボトルも!スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ メニュー

続きを見る

© & TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

Copyright © 2019 Dtimes All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ』のクローン技術