ストレートネックの原因と解消法
ストレートネックの原因と解消法

ストレートネックとは

通常、緩やかにカーブをえがいてる首の骨が、スマホなどやパソコンなどを見て、長時間、首を前に出した姿勢や正しくない姿勢での座り方をしているせいで、首が前に出てるような見た目になり、首の骨がまっすぐになってしまう状態です。
(スマホ首ともいわれてるいます。)

ストレートネックは、現代病といわれ、日本人の成人の8~9割がストレートネックや首や肩の凝りで悩んでいるそうです。

頭は体の10%の重さがある

例えば、体重が70キロの男性は、頭が7キロで、体重が50キロの女性は、頭が5キロです。

その重さが、まっすぐ伸びた首の骨にかかると、関節と関節の間が縮まり、神経を圧迫してしまいます。

最悪の場合、耳鳴りや、めまい、頭痛、吐気などの症状を訴える方もいます。

また姿勢の悪さで心が下向きになり、ネガティブになりやすいという研究結果もでています。

ストレートネックは、女性に多く男性に少ないといわれ、おそらく理由としては、女性は関節が柔らかく、男性より首を支える筋力が弱いことということです!

ストレートネック予防策

姿勢を良くする

胸を張って顎を引くだけで首の負担は大分減ります。

運動をする

首や肩周りの筋肉(僧帽筋、胸鎖乳突筋)などを鍛えると良い。

あお向けで寝る

枕を使わず仰向けに寝てください。

首に負担がかかりづらいです。

スマートフォンを使う際には、下を向かず画面を顔の高さ、目線の高さの位置にキープする

腕がとっても辛いので、スマートフォンを持っていない逆の手で握り、拳を作り脇の下にいれてみてください。

スマートフォンの位置が高くなります。

首の周りの筋肉のストレッチをする

首を横にねかせ、ゆっくりと呼吸を止めずに左右に傾ける。

この時倒す方向の手で、頭を引きストレッチの手伝いをする。

優しくゆっくり、じっくり伸ばす。

首を下向き、上向きにするストレッチ

後頭部を両手で下に優しくゆっくりストレッチし、次に両手の親指で顎を優しくゆっくり押してストレッチする。

正しい姿勢でおこなってください。

首の細かい筋肉がストレッチされますよ。

首の回転ストレッチ

中心軸を動かさないように、首だけをゆっくりグルグル回して回転させます。

現代社会で、ストレートネックになったからと言って、スマホの使用をやめることは難しいと思います。

いかにスマホストレートネックと、上手に付き合うかが大切だと思います。

ストレートネックの予防で姿勢や座り方、寝方、スマホパソコンの見方を気をつけていく意識を高めていきましょう。

肩こりからくる頭痛の対処法