iStock-458948419_e

brittak/iStock

 英国政府は、今年4月、地球環境保護を目的としたプラスチックゴミ削減対策の一環として、プラスチックストローマドラープラスチックを芯の原料とする綿棒の販売を禁じる方針を明らかにした。

 早けれ来年にも施行される見通しだが、それに先駆けて、ファストフードの大手「マクドナルド」がイングランドアイルランドにある1361店舗において、プラスチックストローの代わりに紙ストローの導入を開始した。

 ところがである・・・

 ご存知の通りマックシェイクは吸い上げるのに少々てこずる飲み物である。そのストローが紙になったのだから、飲み終わるまでにストローの形状が保てない。

 「これじゃ飲みにくすぎる!」として元のストローに戻す署名運動が開始され、既に3万人が署名しているという。

―あわせて読みたい―

野菜を包むビニール袋をバナナの葉に変更。プラスチックゴミ削減を目指すタイやベトナムのスーパーの試み
これアボカドの種でできてるんだぜ!捨てても土にかえる生分解性の使い捨てカトラリーが誕生(メキシコ)
ロブスターの殻を利用して作られた、生分解性のバイオプラスチックが開発される(英研究)
本物の毛皮の代替として誕生したフェイクファーは本当に地球にやさしいのか?
使用済みのコンタクトレンズが環境問題を引き起こす。河川に大量のコンタクトレンズが蓄積(アメリカ)

紙ストローでマックシェイクは無理ゲー。署名運動が始まる

 一足先に始まったマクドナルドの紙ストロー導入だが、その評判は最悪だ。顧客の一部から怒りの声があがり、現在「プラスチックストローを戻して」と署名運動まで行われる事態となった。

 以下は署名に参加した顧客の声だ。

コーラを飲む時は別に紙ストローでもいいけど、マックシェイクを紙ストローで、ってのはさすがに無理ゲーだろ。この前、紙ストローで飲んでみたら地獄だった。結局自分が持っているプラスチックストローを使って飲んだよ。

・自分も署名をしたよ。だって紙ストローだと、5分後にはストロージュースを吸収して、ふやけてしまうからね。

タンポンを吸うとどんな感じになるのかなんて知りたくもなかったけど、今はマクドナルドの紙ストローで、その感触がわかったよ。


他は良いけど、ストローだけは勘弁してくれ

 もちろん皆、プラスチック製品の使用による廃棄物環境汚染につながることをわかっている。動植物を苦しめ、地球に良くないこともわかっている。

 だが、「ストローだけは譲れない」と思う人は少なくないようだ。

勘弁してくれ。紙ストローで吸い上げるあの感触は、黒板を爪で引っ掻いた音に匹敵するレベル

紙ストローに反対している人たち何なの?反論の声も

 しかし当然、紙ストロー反対派の署名運動に批判する人もいる。ツイッターでは以下の声があがった。

マクドナルドが紙ストローにしたことで文句を言う人がいるようだけど、そんな文句を聞くのはうんざりだ。

・紙ストローの使用を止めろと怒る人たちが信じられない。そんなにトラウマになるなら、再使用できるものを代わりに使えばいいじゃないの。

・3万人も署名したという事実に驚きだ。紙ストローがふやけるのなら、新しい紙ストローをいくらでも使えばいいじゃないか。マックシェイクが飲めないと言うなら、他の飲み物を飲めばいいだけのことだろう。

・こういうことを問題にするところが、先進国らしいといえばらしいけどな。

iStock-1053231064_e

nrqemi/iStock

マクドナルドの見解は「正しいことを実践しているし、満足」


 一方でマクドナルド側はこの騒動をどう思っているのだろう?

 マクドナルドUK&アイルランドのCEO(最高経営責任者)であるポール・ポムロイ氏は、紙ストロー導入について、

顧客にフィードバックを行ったところ、より持続可能な代替品をという要求があり、それに従って紙ストローを導入する結果に至った。

今後、プラスチックストローに戻す可能性は限りなくゼロに近く、ファストフード店を率先して、プラスチック廃棄物の削減に取り組み、正しいこと実践していることに満足している。


と述べている。

 なおマクドナルド側によると、紙ストローの製造元は、「ほとんどの液体に対して、このストローは少なくとも30分はもつ」と話しているという。

 イギリス人はマックシェイクが大好きで、マックシェイクバニラ味にエスプレッソを入れるて飲むのとかも流行ってるから、マックシェイクが吸えないのはどうにも納得できないというのも、わかるような気もしなくもない。

・その手があったか!イギリス人警察官から広まったマックシェイクアレンジはある飲み物を足すだけで簡単にできる! : カラパイア

 紙じゃなくても環境にやさしい生分解性の素材で飲みやすくコスパもよいストローが早く開発されることを祈ろう。そういえばメキシコで開発されたアボカドの種から作られたストローどうなった?

References:dailystar / metro/ written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273667.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

ゆるかわ?ゆるこわ?中世で流行っていた怪物(モンスター)たちの姿
人間の遺体を堆肥にし、自然に還す「有機還元葬」がアメリカ・ワシントン州で合法化される見込み
壁面を覆いつくすような色あざやかな壁画が!4000年以上前の古代エジプトの高官の墓が発見される
アメリカで犬や猫の里親ボランティアをしている人々は、それらにかかった諸経費を申告すれば税金控除されることに。
第一次世界大戦時、弾丸から兵士の命を守った奇跡のコイン(イギリス)

―知るの紹介記事―

激しい雨の中、ずぶぬれになりながら見知らぬ葬列車に敬礼を捧げるひとりの兵士の姿(アメリカ)
アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第35回:室内飼いの猫たちをお散歩させた時の反応
世界一過酷と言われている「サハラマラソン」に自主参加した犬。砂漠地帯を約161km以上も走りつづけメダルを授与。
大きなネズミのようでもあり猫のようでもある。孤児となり、人間に保護されたオポッサムが甘えん坊でキュート
ゆるかわ?ゆるこわ?中世で流行っていた怪物(モンスター)たちの姿
紙ストローじゃマックシェイクが飲みにくいんじゃ!マクドナルドのストローを元に戻してほしい!イギリスで署名運動が開始される