モンペリエは26日、ブラジル人DFヴィトリーノ・イウトン(41)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

2011年マルセイユから加入したセンターバックのイウトンは、これまでモンペリエで8シーズンを過ごして公式戦282試合に出場。加入初年度にはリーグ・アン優勝の原動力にもなっていた。近年もレギュラーの座を明け渡さず、主将を務めるイウトンは、今季のリーグ・アンで31試合に出場。6位と好位置に付けるチームの主力として活躍している。

そのイウトンは公式サイトにて「9月には42歳となる。ここまで長く現役で居られるとは想像できなかった。今回の契約延長は初めて契約した時と同じ気持ちでサインさせてもらったよ」とコメントしている。

サムネイル画像