代替テキスト

「日本で愛され続けるポケモンと人間が暮らす街がすごくリアルで、ポケモンが登場する場所やタイミングの一つひとつに意味があるんです。僕のように幼稚園のころからポケモンが大好きだったファンには、そこがたまらなくうれしくて。“ポケモンが本当にいたらいいな”という夢が実現したような感じです」

そう話すのは、日本発の『ポケットモンスター』がハリウッドで初の実写映画化。5月3日に日本先行公開される『名探偵ピカチュウ』で声優デビューを飾った竹内涼真(25)。主人公ティム日本語吹き替えを担当した。

「この映画に参加できると知ったときは、こんなワクワクすることはないと興奮しました。アフレコ初日の前は夜中まで練習して、ひさしぶりに寝られませんでした。ティムを演じる米国俳優のジャスティススミスがとても繊細な演技をしているので、そこに日本語を乗せるのが難しくて。何回もリテークしましたが、だんだん自分がティムをつかんでいくのがわかってすごく楽しかったです」

また、同作にポケモントレーナー役でカメオ出演も果たしている。

「劇中、僕がモンスターボールを投げるシーンがあるんです。顔が出るうんぬんではなく、モンスターボールが投げられたこと自体がうれしかった。ロンドンの撮影現場では監督や製作陣の強いこだわりを目の当たりにできて、とても有意義でした」

朝ドラひよっこ』で注目を浴びてからもう2年。最近の変化は?

「2年たちましたか? 長期の休みをとることなく走り続けてきたのでずっとつながっている感じがして。自分自身のなかの変化はあまり感じてないですね。ただちょっと、仕事に対してどっしりと構えられるようになってきたのかなあと思います。なんというか、力を入れるところと抜くところの使い分けもできるようになってきているので、さらにいいパフォーマンスにつなげていきたいですね。これからもっと堂々とできるように頑張りたいと思います」