チーム別ではソフトバンクが両リーグトップ15QS、オリックス日ハムが続く

 クオリティースタート(QS)とは、先発投手が6回以上を投げて自責点3以下で抑えることだ。先発投手の最低限の責任とされ、完投、完封が少なくなった近年の野球では、先発の重要な指標となっている。

 4月25日時点のチーム別QS数を見ていこう。まずはパ・リーグ

パ・リーグ

1ソフトバンク 24試15QS
2オリックス 23試11QS
3日本ハム 23試10QS
4西武 22試9QS
5楽天 22試8QS
6ロッテ 22試6QS

 ソフトバンクが12球団最多の15QS、62.5%の試合で投手が「最低限の責任」を果たしている。対照的にロッテは6QS。QS率は27.3%。先発陣が機能していないことになる。

ソフトバンク大竹、千賀、日本ハム有原、上沢が4QSで1位で並ぶ

パ・リーグ個人QS10傑

1大竹耕太郎(ソ) 4QS(4試0勝1敗30.1回 率0.89)
1千賀滉大(ソ) 4QS(4試1勝0敗30回 率1.50)
1有原航平(日) 4QS(4試3勝0敗28回 率0.64)
1上沢直之(日) 4QS(4試2勝1敗27回 率2.67)
2山本由伸(オ) 3QS(4試1勝1敗31回 率1.45)
2山岡泰輔(オ) 3QS(4試2勝0敗30回 率2.10)
2多和田真三郎(西) 3QS(4試1勝2敗26.1回 率3.08)
2美馬学(楽) 3QS(4試2勝1敗25.1回 率2.49)
2高橋礼(ソ) 3QS(4試4勝0敗25回 率1.44
2高橋光成(西) 3QS(4試2勝2敗25回 率4.32)
2榊原翼(オ) 3QS(4試1勝1敗23.2回 率2.66)
2武田翔太(ソ) 3QS(4試2勝1敗23.1回 率2.70)

 ソフトバンクは大竹、千賀、高橋礼、武田の4投手が3試合以上QSを記録。ソフトバンク2017年には、サファテがNPB記録の54セーブを挙げるなど、救援投手の活躍が目立つチームだったが、今季は様相が大きく変わって、先発投手が頑張っている。

 特に大竹は先発した4試合でQSをクリア自責点もわずか3点という安定ぶりだが、まだ今季白星がない。打線の援護が4試合計で2点しかないからだ。しかし、内容的にはエースだといえるだろう。

 対照的に同僚の高橋は4試合で3QSで、防御率も大竹よりも下だが、4勝。こちらは4試合で援護点が25点もある。勝敗はこうした運不運がついてまわるが、QSを見れば投手の本当の実力が見えてくる。ソフトバンクでは千賀も4QSだが、こちらも援護点は4試合で11点と少なく1勝どまりだ。

 日本ハムの有原は昨年8勝どまり。防御率も4.55と悪かったが、今季は4試合ともQSをクリア防御率リーグ1位の0.64。同じく4QSの同僚、上沢とともに2本柱となっている。

 ロッテ岩下大輝が2QSで最多だが、あとは1QSの投手が石川、ボルシンガー、涌井、二木といるだけ。先発が試合を作れていない。ソフトバンクは今季、新人を積極的に登用したり、先発重視に方針を切り替えるなど、大胆な変化で好調を維持している。今後もQSをどれだけ積み上げるか注目したい。(広尾晃 / Koh Hiroo)

ソフトバンク・千賀【写真:藤浦一都】