ザ・ギース(高佐一慈、尾関高文)が4月24日コントDVD『ザ・ギース コントセレクション「Pretty Best」』を発売する。5年ぶりのリリースとなる本作は、コンビ結成16年目となる彼らの“今”が詰まった作品となっている。

 今回は、テレビライブはもちろん、『キングオブコント』(TBS系)決勝に3度進出などの賞レースでも結果を残し続けている彼らにインタビューを行った。

ーー今回のDVDは、ここ数回の単独ライブから厳選されたベストネタ集だそうですね。ライブ形式の収録を振り返ってみていかがですか?

高佐:丁寧に準備をしていた分、幕間が3〜4分あったので、“お客さんが飽きてしまわないか”とか、“疲れないかな”ってずっと思っていましたね。

尾関:お客さんがすごく協力的で、かなり盛り上げてくださったので、チケット代を全部返したいくらいです……まぁ返さないですけど(笑)。演者と同じくらいの共通意識を持っていただいたので、とにかくありがたかったですね。

ーーお気に入りのネタを教えてください。

尾関:『暗闇面接』は好きですね。照明を落としてネタをやるんですけど、観られないから気楽にできるというか緊張感がなくなる(笑)

高佐:「暗闇だから全然平気だ」って言う割には多分一番よく噛むコントだよね。僕は『エレベーターピッチ』ですかね。(昨年の)『キングオブコント』決勝の2本目でやろうと思っていたネタです。

ーー意外と言ったら失礼ですが、ギースさんのネタは、スタンダードコントの中に、たまに客席に降りたり、歌ネタもあったりしていつも驚きます。

高佐:ライブならではのネタが好きですね。

尾関:本来は禁じ手なのかもしれないですけど、お客さんを盛り上げたい気持ちで、ちょっとずつスタイルを変えながらやっています。

高佐:それに味しめちゃうとよくない方向に行っちゃう(笑)

尾関:東京03の飯塚(悟志)さんにも怒られたからね(笑)

高佐:ある劇場でお客さんをイジッたり、マジックしたりするコントをした時に「お前らこれ営業ネタじゃねーか!」って言われて。

尾関:03さんの美学とは反するからね。我々もそういうところを目指していたので気持ちは分かるんですけど、ライブならではの面白さも入れていきたいし、自分たちができる笑いの取り方をしていこうって。

ーーネタ作りにおいてルールはありますか?

尾関:もう時効だと思うんですけど、かなり昔に漫才的な入りで「コンビニの店員をやりたい」ってネタをやったことがありました。そのまま本当に近くのコンビニ行って電話を繋ぎながら、「ここのコンビニで働きたいんですけど」ってネタをやったんですけど、今思えば“モラル的にどうだろう?”って部分がある(笑)。そういう誰もやっていない面白そうなことはしてみたいですね。

高佐:ただ、誰もやったことないことって危険が孕んでいるんですよね〜。

ーー(笑)。昨年『キングオブコント』で審査員全員が90点以上をつけながら6位という結果でした。振り返ってみていかがですか?

尾関:世間の人に“僕らのネタが決勝まで行く”って認識していただいたのが何よりも大事で、超満足しています。

高佐:じつは本番1週間前くらいから“優勝するんだ”って思って、泣いていたりしていたんですよ。

尾関:そんなヤツ優勝しないよ!

ーー(笑)

高佐:優勝した瞬間をリアルに想像して、“ここからどうしようかな”とか考えていたんですけど、6位という結果に終わって……。(第一回の)2008年に出させてもらった時に、単独ライブの集客が一気に伸びたりしたんですけど、今回は正直もうちょっと期待していた部分がありました。そりゃ若手も増えて、僕らも芸歴を重ねているからしょうがないんですけど、だからこそもっと頑張らないとなと思いました。

ーーコンビ結成16年目を迎えましたが、振り返ってみていかがですか?

尾関:ずっとネタを作り続けてきましたけど、これはもう芸人をやっている以上続くもので……。感慨深さもないというか、まだ途中のような気がしますし、何よりも大事なことは走り続けることじゃないかなと思います。

高佐:時代も変わって、この歳になって後戻りができないじゃないですか。だからよりストイックになってきているというか、光のないゴールを目指して模索しながら走っている感じです。

尾関:さっきから重いよ……。

ーー(笑)

尾関:高佐は一つの穴をずっと掘る人で、俺はいろんなところを掘っていくタイプだから、コンビバランス的にはいいかもしれないですね。

ーー確かに高佐さんはストイックって聞いたことがあります。

高佐:頑張りすぎると壊れちゃいますからね。

尾関:さっきのセリフ危うかったからね。耳切り落としたりしないでよ?

高佐:ゴッホ的に? 死んでから評価されるタイプ

尾関:楽しく突き詰めてね(笑)

ーー数ある芸能事務所がある中で、ASH&Dコーポレーションさんを選ばれたのは、やはりシティーボーイズさんの影響ですか?

高佐:そうですね。オーディションもなかったから自分たちでお願いして……。今は、ムロツヨシさんとか阿佐ヶ谷姉妹が売れていますからね〜。

高佐:追い詰められている感じはあります(笑)

ーー最後にDVDのおすすめポイントを教えてください。

高佐:初めて観る方にも楽しんでもらえるようなネタもたくさんありますので、堅苦しいコントばかりだと思っている方は一旦忘れて、純粋に楽しんでいただきたいです。

尾関:設定ありのエンタメコントです。気軽に観てください!

(インタビュー終わり)

『ザ・ギース コントセレクション「Pretty Best」』
発売日:2019年4月24日発売
発売元:Contents League
価格:3,800円(+税)
【収録ネタ】
相方
合格
進路相談ミュージカル
暗闇面接
ショットガンの女
道程
ストロベリーチェリーナイト
ワークオブ・ザ・デッド
エレベーターピッチ
バーにて
【特典映像】
エンドトーク

単独ライブ『スプリンボンボン
【東京公演】
開催日:4月25日〜29日
会場:恵比寿・エコー劇場(東京都渋谷区東3-18-3)
料金:全席指定3,800円
【大阪公演】
開催日:5月11日、12日
会場:道頓堀ZAZA HOUSE(大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-21中座くいだおれ地下1F)
料金:全席指定3,800円

(取材・文 浜瀬将樹)

ザ・ギース・高佐一慈、尾関 高文