桜の花が散り若葉が青空に映える季節になりましたが、みなさんお花見には行きましたか? 中にはお花見で新たな出会いを期待してた人もいたのでは。 「出会いの場だと思って気合いを入れて行ったら、さらし者にされたんですよ!」と話すのは、三上亜子さん(仮名・30歳)。


 去年の春は、婚活ばかりしていたという亜子さん。そんな中、友人から「お花見コンパ」のお誘いを受けた亜子さんは、気合いを入れておしゃれをしたといいます。



◆実は意識高い系おしゃれファミリーBBQだった…
「相手は友人がアシスタントとして働いているデザイン会社の男性社員。その人が友人とお花見をやるので『女の子を誘ってきなよ』と言われたらしいんです。デザイン会社の人の友人ってどんなオシャレな男性が来るんだろう……とワクワクでした。


 大好きなブランドで裾がピンクフレアになっている2万円のドッキングワンピースを購入! 上にはネイビーのスプリングコートを羽織り、ヘアスタイルは巻きおろしにして、我ながら完璧なモテファッション…と意気揚々と出かけたんです」


 しかし、花見会場に着いた亜子さんを待ち受けていたのは信じられない光景でした。



写真はイメージです



「男性1人で来ていたのはその社員さん1人だけで、後の男性は全員家族連れだったんです! それも、家族全員お揃いのボーダーのロンTにクビにバンダナを巻いたファミリー! 中でもママ集団は『そのスカート、リネンでしょ?』『このパン、米粉で作ったの~』と、まるでインスタによくいる“丁寧な暮らし”を絵に描いたような意識高い系おしゃれママたちだったんです。


 しかも花見と聞いていたはずなのに、BBQコンロがあるんですよ。よく見ると、持ち寄っているおかずは有機野菜のジャーサラダだのキッシュだの……。BBQコンロではムール貝を焼いていたりチーズフォンデュがあったり、おしゃれママたちは、横にハーブや桜の花びらを置いてインスタ用の写真を撮りまくっていました。とても気軽に食べていい雰囲気ではなかったですね……」


 誘ってくれた友人からは、「こういう集まりとは思わなくって……ゴメン」と小声であやまられたそうです。しかし、そんな亜子さんをさらに追い打ちをかけることが起こります。


◆服装をバカにするママたち



「おそらく、私の場違いなモテファッションがママ達の目に障ったんでしょうね。ママ集団のほうから『BBQなのに何あの服装(笑)』という声が聞こえたんです。


 その後、立て続けに『ってか、あの女の子誰が連れて来たの?』『旦那の会社のアシスタントの子の友達らしいわよ』『合コンじゃないんだから(笑)』『まだ結婚していないらしいから、そういう集まりだと思っちゃったんじゃない?』とコソコソ話しているのが聞こえてきて……。


『私だってこんな意識高い系ファミリーの集まりって聞いていたら来ていません』と言い返してやりたかったですよ」


 男性陣もそんなママたちに気を遣ってなのか「確かにBBQであの服装はね……」と苦笑いだったそう。そんな空気に耐えられなくなり、亜子さんが帰ろうとした瞬間、状況は一変したのです。


◆“たこ焼き”で子どもたちの人気者に
おしゃれパパの1人が『タコ焼きプレートを買ってきたのでタコ焼きをやろう』と言い出したんです。おしゃれママたちは『え~、たこ焼き~?』なんて言っていましたが、子供たちは大はしゃぎ。


『やりたい!』と言って、たこ焼きを焼きだしたんですが誰も上手くひっくり返せなかったんです。子供たちが『ママかパパやって』と託すも、全員たこ焼きを焼くのに慣れていないのか手際がすごく悪いんですよ。それを見て、思わずウズウズしてきたんです」



 実は亜子さんの出身は関西。幼いころから家でたこ焼きを作っていた亜子さん、見るに堪えかねて「ちょっと貸してもらっていいですか?」と横から、たこ焼きをひっくり返す竹串を奪い取ったといいます。


「しかも具がキャベツとタコだけなんです。ダシも入っていないし、せっかくのタコパなのにタコだけなんて信じられない! と、明太子チーズやら入れて作りなおしましたよ。そして得意の高速たこ焼き返しを披露すると……子供たちは『お姉ちゃんすごい』『もう1回やって』と大興奮。


 数分で大量のたこ焼きを作ると、すぐに食べた子供たちは『おいしい』と大喜び。おしゃれママ達は面白くなさそうな顔をしていましたが、おしゃれパパの1人が『やっぱり(オーガニックのパンとかより)、たこ焼きとか作れる女のコのほうがいいよね』と言うと、ママ達は『キー!』となっていましたね(笑)


たこ焼きのおかげで彼氏もゲット
 「買ったばかりのワンピースは汚れてしまいましたけどね……」と苦笑する亜子さん。しかしその後、嬉しいことがあったそうです。


「唯一、独身だった男性の1人に『友達でたこ焼きパーティーをやりたいって奴がいるんだけど、良かったら今度来てくれませんか?』と言われたんです! 後日そのパーティーで、たこ焼きの話で盛り上がった関西の人と付き合うことになったんです」


 現在、その彼との結婚に向けて準備を進めているという亜子さん。亜子さんの結婚の決め手となったのは、モテファッションでもなく、おしゃれな料理でもなく、地元の味である『たこ焼き』にあったようです。


​​―シリーズ「春のトホホ」体験談


<文/結城>


【結城】男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter@yuki55writer