国分太一

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

一部メディアが、TBSの朝の情報番組『ビビット』の9月打ち切りを報じた。同番組のMCはジャニーズTOKIO』の国分太一が務めている。

【関連】TBS『ビビット』打ち切り? MC国分太一がそれでもクビにならない理由 ほか

10月改編の話が出るのは少し早過ぎる気もしますが、いずれにせよ国分を降ろすのは時間の問題でしょう。政治や時事ニュースを扱う朝の情報番組では、そもそも国分では無理がありました。国分がニュースタイトルを読んで、元NHKの堀尾正明がだいたいの解説をし、続いてコメンテーターが語るパターン。元宝塚の真矢ミキが国分と同じMCで出ている意味も分かりません」(テレビライター

現在、朝のニュースは上位3社が視聴率で拮抗している。テレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』が視聴率8%前後、フジテレビの『とくダネ!』と日本テレビの『スッキリ』が6%あたり。『とくダネ!』が1位になることもあり、羽鳥が安泰というわけではない。そこから水をあけられ3%台をウロウロしているのが国分の番組だ。

 

国分太一『ビビット』打ち切りのウワサも“超VIP”待遇で心配なし

とりあえずニュース枠は確保されてる?

2014年3月に、やはり国分のMCで前々身にあたる『いっぷく!』がスタート。視聴率1%台という前代未聞の低さを記録し、1年で打ち切られました。続けて前身『白熱ライブ ビビット』が国分と真矢でスタート。これも視聴率不振。そこで17年4月より堀尾を加え、『ビビット』と改題し、継続。しかし、朝番組では〝1人負け〟のままなのです」(同・ライター

『いっぷく!』から通算して5年。国分ではダメだという話は、TBS局内でも定説化されているという。

「国分の奥さんは元TBSの社員で、義理の父親は局の元幹部といわれています。だから容易に切れないのでしょう。しかも国分はジャニーズですしね」(芸能記者)

打ち切り報道によれば、10月の新番組もすでに落語家の立川志らくの名前が挙がっており、内容を大きく変える予定だという。

「国分のMCは終わっても『ビビット』が始まる直前の『あさチャン!』のコメンテーターで入れる用意があるといいます。あるいは3位が指定席の夕方ニュースNスタ』の曜日キャスターに起用するという手も考えられる。国分が使えない人間でも、使わなきゃならない理由があるということです」(同・記者)

どこで起用されようとも、視聴率への貢献は厳しそうだが…。

 

画/彩賀ゆう