チコちゃん

26日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマ「なぜイカスミは食べるのにタコスミは食べない?」が、話題となっている。

イカと同様にタコがスミを吐くことはよく知られているが、なぜ食べることがないのか疑問に思ったことがある人も多いのではないだろうか。

 

■「イカスミに比べて取り出しにくい」

気になるテーマへの回答は、「分身のイカ、煙幕のタコだから」とチコちゃんは言う。しかし、番組でテーマの解説をしていくうちに「スミの性質」より「イカスミに比べて取り出しにくいから」が大きな理由なのではないかと変更になった。

イカスミには、アミノ酸や多糖類が含まれているので、旨味があるという。しかし、グルタミン酸などの旨味成分の総量はタコスミのほうが多い。ではなぜタコスミは料理に使用されないのだろうか。

イカとタコ、両者がスミを吐く理由は外敵から身を守るためだが、イカの場合は「分身を作って敵に食べさせるため」。分身の役割を果たすため、スミには粘りけがある。対して、タコは粘りけのないスミを吐くことで敵の目をくらませるという。

粘りけが少ないと料理に使いづらいため、イカスミが利用されることが多いとの説だ。

さらに、イカは体内のスミ袋を取り出すだけで料理できるのに対し、タコのスミは内蔵の奥に入っているため非常に取り出しづらく、量が少ないことも影響しているようだ。

 

■「納得だった」の声

番組で解説された「取り出しづらいから」という回答に納得の声が多く集まった。

 

■変わった食べ物を食べたいと思う?

タコスミのように普段は食べない食材を食べたいと思う人は、どれくらいいるのだろうか。しらべぇ編集部が、全国の20~60代の男女1,400名を対象に調査したところ全体の35.7%が「変わった食材が食べてみたい」と回答した。

変わった食材

20代男性の26.5%が最も低く、同年代女性の38.6%とは12.1ポイントの差が開いている。女性の方が食べ物へのこだわりが強いのかもしれない。

興味の深まるタコスミだが、気軽に食べることのできる日はくるのだろうか。

・合わせて読みたい→Fカップグラドル・宮瀬なこ 猫耳水着で「なこ猫」に変身

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年1月20日2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1400名(有効回答数)

チコちゃんが「タコスミを食べない理由」を解説 意外な答えに納得の声も多数