日比谷野外大音楽堂での単独ライブ『木もれ陽の中の春風キャンプin日比谷野外大音楽堂』を来週5月3日に控えるさくらしめじがGW初日の4月27日、2人の原点となる“大宮アルシェ"にて『野音がもっと楽しくなるフリーライブ in ぼくたちの大宮アルシェ〜行くか迷っている人も、みんないらっしゃい〜』を行なった。

さくらしめじ2014年6月14日、田中雅功と髙田彪我が中学1年生のときに“ガク&ヒョウガ"として結成、同年11月24日より現在のユニット名として活動している高校生フォークデュオ。ユニット結成から間もない2014年8月3日に初めてストリートライブを行なった“大宮アルシェ"は、さくらしめじにとって大切な思い出の地となっている。

大宮アルシェに「このあと、大人気フォークデュオのさくらしめじライブを行います」というアナウンスが流れ、集まったきのこりあん(さくらしめじファンの呼称)たちも今か今かと待ちわびる。そんな中、ビル前に設営された特設ステージに姿を現したさくらしめじは、くもり空を吹き飛ばすように「どうも、僕たちフォークデュオのさくらしめじでーす!」と元気に挨拶。彪我が「5月3日に、日比谷野外大音楽堂でワンマンライブをするんですが、そのワンマンライブを盛り上げようということで、ここでフリーライブをしたいと思います!」とイベントの趣旨を説明、雅功が「たくさん集まってくださって、ありがとうございます! 元気ですか〜?」と観客に声をかけると、昨年の日比谷野音に向けて作られた楽曲『スタートダッシュ』を披露。

MCでは「日比谷野音のワンマンライブに行くよって人!」「まだ行くか迷ってるよって人!」と聞いたあと、「じゃあ、そもそもさくしめじって誰?って人!」と足を止めた高校生やサラリーマンにも話しかけ、どんどん周りの人たちを巻き込んでいく。和やかな雰囲気の中、彪我が「皆さん、体動かす準備できてますか〜?」と呼びかけると2曲目の『てぃーけーじー』へ。ギターを置いてハンドマイクに持ち替えた彪我が、全身を使ってのびのびと“てぃーけーじーダンス"をリードして、きのこりあんはもちろん、通りかかったお客さんも一緒に盛り上げた。

MCでは台風が直撃した昨年の野音ライブ振り返り、彪我が「(今年の野音は)まずは絶対晴れ! そして、みんなで盛り上がる!」と決意表明、そして今回の野音ワンマンは「音楽でつながる」というテーマであることを改めて伝えた。ライブ前のアナウンスを受け、何度も「超人気フォークデュオのさくらしめじです!」と道ゆく人たちにアピールしていた雅功は「世界にはですね、たくさんの人がいます。その中で今、僕らが巡り会えたのは奇跡と言っても過言ではないんですよ! だからこの奇跡を僕たちは途切れさせたくない。僕らには音楽という最大のツールがあるわけです。この音楽というツールを使って、僕の人生も彪我の人生も、皆さんの人生も、もっともっと色あざやかなものにしていきたいなと思います」と熱く語った。

最後の曲は5年前に大宮アルシェで初披露した『きのうのゆめ』。時折目を合わせながらギターを鳴らし、丁寧に声を重ねて紡ぎ出す2人のハーモニーに、集まった大勢のきのこあんたちもじっと聴き入った。フリーライブで披露した楽曲は3曲。もっと聴きたい!という物足りない気持ちと高まる野音への期待を胸に、5月3日は日比谷野外大音楽堂に集合して、さくらしめじと音楽でつながろう!

■『木もれ陽の中の春風キャンプ in日比谷野外大音楽堂』

5月03日(菌祝) 日比谷野外大音楽堂
開場16:30 / 開演17:30
<チケット>
料金:5,980円(税込)
http://sakurashimeji.com/yaooooon/

この記事の画像をもっと見る
4月27日@大宮アルシェ photo by 鈴木友莉(okmusic UP's)