一流芸能人が自らの過ちを告白し償う「有吉反省会」(日本テレビ系)。4月27日の放送では、ゲストに元女子プロレスラーの豊田真奈美が登場、現役時代の秘話を明かす一幕があった。

【写真を見る】恥ずかしそうに告白する豊田真奈美

豊田は、アクロバティックなファイトスタイルから「飛翔天女」の異名を持ち、1990年代の全日本女子プロレスの人気を引っ張り、2017年に現役を引退した。

その豊田が、岩下の新生姜が好き過ぎて、度を越しているという。梅干しステーキカレーうどんなど、何にでも合うといいながら一緒に食べているらしい。

「いつからそんなに新生姜が好きなんですか?」と司会の有吉弘行が尋ねると、豊田は「昔から生姜が好きだったんですけど、煮魚に臭み消しで入ってる生姜、その方が好きです、魚より」というほどの生姜好きであることを明かす。

「どれくらい食べるんですか?」との問いには「1日平均1パック。冷蔵庫は新生姜だらけ」という答えに、スタジオがどよめいた。

話は変わって現役時代のことに。「昔から僕らプロレスファンだから知ってますけど、美人レスラーで天才と呼ばれていましたが、印象に残っている試合はありますか?」と有吉が聞くと、豊田は「アジャ・コングの水車落としっていう技があるんですけど、その中でも一番痛かったのが、コーナーからやられるなだれ式。

大体レスラーは試合直前にトイレに行くんですけど、そのなだれ式の水車落としを受けた時に、内蔵から絞り出される感じで、おしっこジョージョーにチビったんです」という秘話を披露する。その時のVTRを見た有吉は「興奮している自分がいます…」と思わずこぼした。

タイプはどういう人なんですか?」と有吉が質問すると、「いるんですよ、スタジオに。バカリズムさん」と告白し、バカリズムは「僕、前も長与千種さんにそう言われましたよね。女子プロレスラーにすごくモテる」と苦笑した。

「どこがいいんですか?」と有吉が聞いてみると、豊田は「周りはいかつい男の人ばっかりじゃないですか。笑った顔とかかわいい感じの人が好きなんです」と恥ずかしがりながら、バカリズムに新生姜をあ~んして食べさせてもらい「今まで食べた新生姜の中で一番おいしい!」と大喜びしていた。

新生姜好きの豊田に対し、SNS上では「分かる!」「私も大好き!」「おいしいよね!」と共感の声が上がった。

次回の「有吉反省会」は、5月4日(土)夜11時30分放送、ゲストに畑中葉子が登場予定。(ザテレビジョン

「有吉反省会」に豊田真奈美が出演