プリウス(Prius)をベースにしたSUV車CHR/C-HRが2016年12月14日トヨタから新発売されましたね。SUVのチカラ強さとクーペのスタイリッシュさを兼ね備えている外装・エクステリアデザインが注目を集めていますが、内装・インテリアデザイン性が高いデザインになっているように感じました。また、トヨタCHR/C-HRのハイブリッド車/ターボ車のそれぞれの上位モデルGグレードやGTグレードでは、落ち着いた雰囲気が漂うリコリスブラウンの内装色を採用。プレミアム感・上質感のある内装・インテリアになっており、オーナーさんの所有感を満たしてくれるデザインになっているように感じました。そんなトヨタCHR/C-HRを試乗してきた際、内装写真をたくさん撮ってきたので、画像盛りだくさんで紹介したいと思います。2016/12/17

トヨタCHR内装画像レビューインパネ編
トヨタ C-HR  2017

今回トヨタから新発売されたスタイリッシュSUVトヨタCHR/C-HRの内装・インパネは、このようなデザインになっています。

こちらがハイブリッド車のGグレードやターボエンジンを搭載しているガソリン車のG-Tグレードなどに採用されているコリスブラウンの内装色をしたインパネ。

トヨタ C-HR  2017

インパネの上面やメーターフードなどにシックなブラウンカラーソフトパットを採用し、落ち着いた雰囲気の内装・インパネになっているように感じました。

また、上位モデルのG系グレードに採用されている各装備は、このようなデザインになっていました。

トヨタ C-HR  2017
トヨタ C-HR  2017
トヨタ C-HR  2017
トヨタ C-HR  2017
トヨタ C-HR  2017

一方、トヨタCHR/C-HRの下位モデルのSグレード/STグレードの内装・インパネは、このようなデザインになっています。

トヨタ C-HR  2017

基本的には同じデザインになっているのですが、内装色はブラックに…。なので、インパネの上面やメーターフードブラックカラーに変更。

また、センターコンソールやドア内側アームレスト部分がプラスチック素材になり、G系グレードと比較するとやはりデザイン性で若干見劣りをするなと感じました。

このトヨタCHR/C-HRのベースとなったプリウス(Prius)では先進的なデジタルメーターを採用していたのですが、このクルマではシルバーリングが印象的な2眼式メーターを採用。

トヨタ C-HR  2017

ただ、ハブリッド車とガソリンターボ車では、メーターのデザインが若干異なります。

トヨタ C-HR  2017
トヨタ C-HR  2017

またこのクルマのメーターには、4.2インチサイズのTFTマルチインフォメーションディスプレイが搭載されれいるのですが、ハイブリッド車ガソリンターボ車で表示項目も異なります。

この表示項目の違いも注目ポイントの一つだと思いますよ。

このように流線型のデザインオシャレトヨタCHR/C-HRの内装・インパネですが、外装・エクステリア同様に使い勝手よりもデザイン性を重要視したためか、収納スペースも少なめ。

トヨタ C-HR  2017

実際このクルマに乗り込んで収納スペースを確認してみると、「えっ!?収納スペースは、コレだけ!?」と思ってしまうかもしれません。

しかも、トヨタCHR/C-HRに搭載されている各収納スペースサイズも小さいため収納力も乏しいですし…。

もしこのクルマファミリーカーとして使用を考えているのなら、収納スペースの数や使い勝手で苦労するシーンは多いのかなと思いました。

トヨタCHR内装画像レビューシート

今回新発売されたトヨタCHR/C-HRですが、グレードによってシートデザインが異なります。

こちらは上位モデルのG系グレードのシートデザイン

トヨタ C-HR  2017
トヨタ C-HR  2017

このG系グレードのシートでは、ファブリック×革のコンビシートを採用。シート中央部分は大きなステッチの入ったファブリック生地を採用。

トヨタ C-HR  2017

そして、シートサイドの部分にはインパネのカラーマッチしたブラウンシートを採用。ブラウンを上手にあしらっており、デザイン性を追求したこのクルマに相応しいデザインになっているように感じました。

一方、こちらは下位モデルのS系グレードのシートデザイン

トヨタ C-HR  2017
トヨタ C-HR  2017

このトヨタCHR/C-HRのS系グレードのシートは、ストライプ上にシルバーラインが入っていますが、全面ファブリック素材を採用。

トヨタ C-HR  2017

Gグレードと同様にシートサイドサポートはしっかりといているので座り心地はとても良いのですが、デザイン性・見た目は上位モデルのG系グレードの方が格段に良いように感じました。

このシートデザインもG系グレードとS系グレードの大きな違いの一つだと思いました。

また、ベースとなっているトヨタの新型プリウス(Prius)では後部座席のドリンクホルダー付きのアームレストが用意されていましたが、今回新発売されたトヨタCHR/C-HRでは、装備されていませんでした。

トヨタ C-HR  2017

また、後部席は背もたれのリクライニング機能も装備されていません。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、後部座席のリクライニング機能が装備されているだけに、少々残念でした。

ただ、今回新発売されたトヨタCHR/C-HRは運転席や助手席などフロントシートを優先したデザインになっているため後部座席は狭め…。

トヨタ C-HR  2017

このクルマはルーフラインを低くしている事もあり後部座席付近の頭上空間(ヘッドクリアランス)は狭く、身長175㎝ある私が後部座席に座るとほとんど余裕が無くなってしまいます。

また、このようにサイドウィンドウも狭いので、窮屈感・圧迫感を感じてしまいます。成人男性が後部座席に座った状態での長時間ドライブは、少々辛いのかなと思いました。

トヨタ C-HR  2017

また今回新発売されたトヨタCHR/C-HRは、後部座席のドア開口部も小さめ。なので乗り降りをする際、頭を大きくかがまないと行けません。

このように乗降性に乏しいのもこのクルマの欠点・デメリットなのかなと思いました。

トヨタ C-HR  2017

今回トヨタから新発売されたトヨタCHR/C-HRの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

シックで落ち着いた雰囲気の内装・インテリアデザインはとても良いと思いましたが、色々なクルマ雑誌などで指摘されていましたが、後部座席の居住性や収納スペースなど使い勝手の悪さが気になりました。

後部座席の広さや収納スペースの数・使い勝手は、このクルマの欠点・デメリットの一つです。

トヨタCHR/C-HRの購入を検討している方は、収納スペースの使い勝手や後部座席の居住性・広さなどをしっかりと確認してみてくださいね

試乗レビュー速報
トヨタCHR/C-HRの内装写真【デザインから後部座席の広さまで徹底チェック】