南アフリカ代表FWエラスマスが間接FKのボールを拾い上げた相手を蹴り飛ばし一発退場

 南アフリカで起こった珍退場劇の反響が拡大している。ファウルを受けて間接FKを獲得すると、リスタートを遅らせるようにボールを拾い上げた相手選手に対し、シュート級の鋭いキックを膝上にお見舞い。蹴られた相手は悶絶し、両チーム入り乱れて一触即発の事態となった。キックを繰り出した選手は一発退場を命じられたが、「理性を失った」「スポーツマンシップの欠片もない」と海外メディアも断罪している。

 衝撃のシーンは、南アフリカ1部のケープタウン・シティ対ハイランズ・パーク戦(1-1)で起こった。

 0-0で迎えた前半20分、ケープタウン南アフリカ代表FWケルミト・エラスマスはマーカーを背負いながら左サイドからのスローインを受け、体を張ってボールキープするが、ハイランズ・パークDFライアン・レイのハードチャージを受けてバランスを崩し、ファウルをもらった。

 間接FKを蹴ろうとするエラスマスの背後から、ハイランズ・パーク南アフリカ代表FWモトビ・ムヴァラが姿を現し、リスタートを遅らせるようにボールを拾い上げる。エラスマスはムヴァラが近づいてきた際に一旦キックのモーションを止めたが、相手がボールを持った瞬間に鋭いキックを敢行。右膝上に不意にキックを受けたムヴァラピッチに倒れ込み、悶絶する事態となった。

 ケープタウンの選手の制止を振り切り、主審は迷わずレッドカードを提示。ハイランズ・パークの選手たちが次々とエラスマスに詰め寄り、両チームが入り乱れて一触即発の事態となった。

 フランススポーツ専門局「RMCスポーツ」は、「理解できない」とエラスマスの行動を疑問視。サッカー専門サイトSoy Futbol」も、「エラスマスは理性を失った。スポーツマンシップの欠片もない行動」と断罪した。また、イタリア衛星放送局「スカイイタリア」も「エラスマスのクレイジーな退場:相手への無意味なキック」と見出しを打ち、「近年で最も狂った1人の候補者。主審がレッドカードを考え直すこともなかった」と衝撃の展開を伝えている。

 エラスマスは不本意な形で名を売る形になってしまった。(Football ZONE web編集部)

ケープタウンの南アフリカ代表FWエラスマス【写真:Getty Images】