読売ジャイアンツ東京ドームでのホーム戦で、“レジェンドOB”による生解説を聴きながら観戦できる「レジェンズシート」を提供している。

レジェンズシート」が提供される日には、ジャイアンツOBと対戦相手のOBが3塁側内野席の前方エリアにて解説を行う。これを専用イヤホンで聴くことができるという仕組みだ。料金は1万4,500円で、5月10日(金)の東京ヤクルトスワローズ戦は500円高い設定となる。

今回、4月から5月の全13試合において、ジャイアンツOBとともに解説を務める、対戦球団のOBが決まった。試合日とOBは以下の通り。

4月30日(火・休) 中日ドラゴンズ田尾安志
5月1日(水・祝) 中日ドラゴンズ大島康徳
5月2日(木・休) 中日ドラゴンズ山崎武司
5月10日(金) 東京ヤクルトスワローズ真中満
5月11日(土) 東京ヤクルトスワローズ真中満
5月12日(日) 東京ヤクルトスワローズ川崎憲次郎
5月14日(火) 阪神タイガース桧山進次郎
5月15日(水) 阪神タイガース川藤幸三
5月22日(水) 横浜DeNAベイスターズ野村弘樹
5月23日(木) 横浜DeNAベイスターズ平松政次
5月24日(金) 広島東洋カープ野村謙二郎
5月25日(土) 広島東洋カープ北別府学
5月26日(日) 広島東洋カープ安仁屋宗八

試合当日レジェンドOBは試合開始から5回裏まで解説を行う。レジェンドOBへの質問も受け付けており、その回答は解説の中で聴くことが可能だ。さらに、レジェンドOBに質問をすると、抽選でアフターゲームグラウンドツアーに参加でき、ジャイアンツが勝利した場合には、ヒーローインタビューを見学し、選手とハイタッチできる。

 

「レジェンズシート」では球界の名だたるレジェンドOBの解説が楽しめる