季節の風物詩として男たちを歓喜させた「真夏のキャンギャル」というグラビア界の登竜門。ここから大女優に成長した逸材も多いが、同時に、平成30年間のトレンドを知る鏡でもある。その貴重な歴史をここに振り返る!

      *

 21世紀のキャンギャル界は、残念ながら航空会社の撤退など、企業の数は減ってしまった。それでも、90年代後半から過熱したグラビアブームと連携しながら、新たな局面を迎えることになる。では、新世紀のニューヒロインは誰が飛び出したのか? 04年に安田美沙子サントリー)、06年に山岸舞彩(東レ)、07年に木下優樹菜(三愛)、そして09年に佐々木希パルコ)と個性的な顔ぶれが並ぶ。

「残念ながら20世紀の時代ほどCMスポットも少なく、またキャンギャル=水着ではないケースも増えたため、印象には残りにくくなった。03年によみうりランドのキャンギャルを務めた小倉優子コピーは『こんなにビショビショ』や『1日3回もなんて』と過激だったことからポスター回収騒動に発展。山岸舞彩は『サンデースポーツ』や『ニュースZERO』の美人キャスターとして活躍しましたが、出発点は美脚をフルに発揮した06年の東レキャンギャルだったことはあまり知られていません」(芸能記者)

 同時期に「ビジュアルクィーン」や「日テレジェニック」などグラドル登竜門であったミスコンの多くが消滅してしまい、キャンギャル絶滅危惧種になってしまうのかという懸念もあった。

「ただ、10年代においても菜々緒(10年、三愛)や久松郁実(14年、三愛)、朝比奈彩(15年、三愛)や佐野ひなこ(16年、パルコ)が名を連ねており、芸能界の登竜門としての機能は健在。特に、佐野はGカップの張りも申し分ないですが、51センチウエストが際立ち、ポスターは即盗まれるレベルでした。現在、わずかに残ったキャンギャルは『三愛』と『東レ』くらいですが、新時代にどんなスターが誕生するのか楽しみです」(前出・芸能記者)

 ニッポンが誇る“文化”として、これからも夏を熱くさせてほしいものだ。

アサ芸プラス