弱い一ゴロで猛ダッシュベースカバー→一塁へスライディング→打者走者へ激しくタッチ

ドジャース 3-1 パイレーツ(日本時間28日・ロサンゼルス

 ドジャースのクレイトン・カーショー投手が27日(日本時間28日)、本拠地パイレーツ戦で待望の今季初勝利を挙げた。7回4安打無失点に抑え、無四球、8三振を奪う力投だったが、MLB公式インスタグラムは通算154勝左腕の超ハッスルプレーに注目。「カーシュ(カーショーの愛称)は何でもできる」と称賛している。

 2回2死。パ軍レイノルズの打球は一塁・マンシーへの弱いゴロとなった。マウンド上のカーショーは一塁ベースへ一直線。最後は一塁ベースへスライディングして、打者走者に激しくタッチした。MLB公式インスタは左腕の闘志むき出しのフィールディングを動画でアップファンからは称賛の声が集まった。

「でも、彼はカーブが打てる?」

「少しの間サッカープレーしていた」

「なんというアスリート」

ビーストモード

「彼は才能にあふれている」

 これまで3度のサイ・ヤング賞を受賞してきたが、これまで世界一はない。一部ファンからは「ワールドシリーズに勝つこと以外は」、「ワールドチャンピオンリングを勝ち取ることはできない」と厳しいコメントもあった。今年こそチャンピオンリングをつかみたいところだ。(Full-Count編集部)

一塁にスライディングしたドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】