原田知世と田中圭がW主演を務めるドラマ「あなたの番です」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)が話題だ。「毎週、死にます。」のキャッチコピー通りの恐怖展開にSNSで「ホラーすぎる」「怖すぎて眠れない!!」の声が殺到する中、菜奈(原田)と翔太(田中)の年の差カップルが見せるイチャイチャっぷりが癒しを提供している。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】原田知世&田中圭の“イチャイチャ”場面!これは癒やし…!!

■ 怖さにハマる視聴者続出!

同作は、原田と田中演じる“ミステリー好きの年の差新婚夫婦”が、マンションの会合に端を発した“交換殺人ゲーム”に巻き込まれていく姿を描いたミステリー。企画・原案を秋元康が務める。

第1話(14日放送)ラストでは管理人の床島(竹中直人)が謎の転落死を遂げ、第2話(21日放送)ではタレント医師の山際(森岡豊)が怪死した。原因は住民会で遊び半分に行われた“交換殺人ゲーム”にあるのか…。

住民たちが疑心暗鬼になる中、28日に放送された第3話ではまた新たな被害者が。藤井(片桐仁)が引いたクジに書かれていた「タナカマサオ」がガス爆発の犠牲になった。

容赦ない恐怖展開やホラーのような描写にSNSは沸騰!「ホラーすぎる。見た後トイレ行けなくて後悔」「怖すぎて眠れない!」「心理的な恐怖を煽ってくる」といった声が上がるなど、怖さにハマる視聴者が続出している。

■ 「これがなかったら怖くて見られない!」

そんな中で注目を集めているのが、毎話挟み込まれる菜奈と翔太のシーン。“交換殺人ゲーム”が行われた住民会に参加していて連続する怪死事件にただならぬものを感じる菜奈と、ゲームの場に居合わせず能天気に菜奈にじゃれつく翔太のちょっとズレたイチャつきっぷりが「ホラー展開の中の唯一の癒し」と話題を呼んでいる。

第3話では、物思いにふける菜奈に翔太が「一緒にお風呂入ろ?」「急にしたくなったんだもん」とデレデレ。年上妻の菜奈が「じゃあ日にちを決めとこ。そしたら予定入れないようにするし、疲れすぎないようにしとくから」と大人の余裕でかわそうとすると、すかさず翔太が「そういうのはさ、お互いの気持ちがピタピターッてなったときに体もピタッてなればいいんじゃないの?」と“反論”し、年下夫の魅力を振りまいた。

バックハグやキスも飛び出す菜奈&翔太のイチャイチャシーンに、ファンからはもん絶の声が続々!SNSは「田中圭に『一緒にお風呂入ろ』って言われたら秒で入っちゃうよ」「『おいで!』って両手広げる菜奈ちゃん可愛すぎる」「誘った翌日、出勤するときるんるんでスキップしちゃう翔太、いい!」といった声でにぎわっている。

中には「2人のかわいさが唯一の救い」「これがなかったら怖くて見られない!!」の声も。毎週新たな事件が起こる一方で、謎は深まるばかり…。誰の言葉が真実なのか?結末の見えない怒涛の展開と、菜奈&翔太のほっこりシーン。その絶妙な緩急がカンフル剤となって視聴者を引き付けている。

■ 次なる標的は…?気になる第4話あらすじ

第4話は5月5日に放送する。中国人留学生のシンイー(金澤美穂)がバイトするブータン料理店でガス爆発が起こり、店長・田中政雄(名倉右喬)が死亡した。シンイーの部屋のベランダの植木鉢には、『あなたの番です』と書かれた包丁が刺さっていた…。

交換殺人ゲームで殺したい人間として店長の名を書いたシンイーは、今度は自分が殺さなければいけないのかと怯える。シンイーの手元には、ゲームの時に引いた、ある人物の名前が書かれた紙があるが…。

そんな中、定例の住民会が開かれる。洋子(三倉佳奈)は一同に、あのゲームで誰の名前を書いたのか言い合おうと主張。彼女は、菜奈(原田知世)がゲームを始めた張本人だとして「あなたから率先して言うべきでしょ!」と詰め寄る。そして会合のあと、次なる“標的”が明らかに――。(ザテレビジョン

原田知世&田中圭