TOKIO

28日、平成最後の日曜日に『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の放送が休みとなり、惜しむ声が相次ぐ一幕があった。

 

■『転職DE天職』を放送

平成最後の日曜日となった28日、日本テレビ明石家さんまMCの特別番組『転職DE天職3時間SP第8弾』を放送。前週の『行列のできる法律相談所SP』に引き続き明石家さんまがMCを務める番組が放送され、『ザ!鉄腕!DASH!!』は休止となった。

明石家さんまは「お笑いBIG3」で、平成のバラエティを牽引。「平成最後の日曜日」を飾るにふさわしい人物であることは間違いない。

 

■「『DASH』が見たかった」の声

『転職DE天職』も多くの人を楽しませたが、『ザ!鉄腕!DASH!!』のファンからは、惜しむ声が。平成の日曜夜7時に長年放送されてきただけに、「『DASH』が見たかった」というのだ。

また、『鉄腕DASH』で長年農業に関わってきた功績が認められ、25日に開かれた政府の「農福連携等推進会議」に城島茂が有識者として参加しただけに、「その話を聞きたかった」「番組内で報告してもらいたかった」という声も出た。

もちろん、今後の放送で触れられると思われるのだが。

■4人になって1年が経過

2018年4月、山口達也メンバー不祥事と脱退で番組存続が危ぶまれた『ザ!鉄腕!DASH!!』。TOKIOと番組スタッフの結論は、4人での最スタートだった。

農業・工業など全てにおいて中心だった山口元メンバーの穴は大きいものの、ジャニーズ事務所所属タレントを中心としたゲストの力を借りるとともに休止を挟みながら番組進め、現在に至っている。

4人それぞれが多忙な日々を送るなか、過酷なロケの多い『ザ!鉄腕!DASH!!』を1年間続けてきたことは、奇跡的といえる。そうなるとメンバーが身体を休める時間も必要で、今回の休止も致し方ないのかも。

 

■半数が「4人の『DASH』」を応援したい

そんな番組を応援する人は多く、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,477名に「4人になった『鉄腕DASH』」について聞いた調査では49.2%が「応援したい」と回答している。

厳しい意見を持つ人もいるが、まだまだ番組を楽しみにしている人が多い『ザ!鉄腕!DASH!!』。令和でも視聴者を楽しませてもらいたい。

・合わせて読みたい→渡部建が結婚発表の『行列のできる法律相談所』 内容に疑問の声も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年5月18日2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名 (有効回答数)

平成最後の日曜に『鉄腕DASH』放送休止で悲しみの声続出 「ため息が出る」と嘆く人も