ある大胆な方法を使って、空港で荷物の追加料金の支払いを免れた英国人女性が話題を呼んでいる。


『The Sun』紙が伝える所によると、5歳の子供を持つお母さんであるナタリー・ウィンさん(30)は、英マンチスターからカナリア諸島行きのトーマスクック航空の便に乗ろうと、スーツケースの重量を測った。すると、スーツケースは9.4kgあり、この便に無料で持ち込める重量の6kgをオーバーしていたことが分かったという。

そして、ナタリーさんは、65ポンド(約9500円)の支払いを避けるべく、スーツケースに入っていた服を重ねて着込むという手段を取ることにした。

何と彼女は、上着7枚に靴2足、ボトムス2枚、スカートカーディガン1枚を着用し、見事、追加料金の支払いを免れたのだ。

「65ポンドの重量オーバーの支払いを避けるため、4kg近くの服を着込んだ、トーマスクック航空の乗客」

ナタリーさんが同紙に説明した所によると、彼女は、航空券の運賃やホテル代などが一切込みのパックツアーを予約し、余裕をもって資金を持ってきていなかったという。旅行先のカナリア諸島で使えるお金が減ってしまうため、少しでも節約しようと、このような行動を取ったのだ。

ナタリーさんは、「私が服を着込んだ後に、一緒に旅行に出かけた友人も重量がオーバーしていたことが分かり、彼女も同じように服を着込もうとしたのですが、その時、周りの人たちが応援してくれました」と語り、次のように続けた。「飛行機では、誰もが私たちの事を見てきて、名所と化していました」

■参照リンク
http://www.aol.com/