2019年4月26日から28日の3日間、中国重慶において「IFSCクライミングワールドカップ重慶2019」ボルダリングスピード競技が行われ、日本勢はボルダリング男子で楢崎智亜がボルダリング女子で野口啓代が2位入賞を果たした。

「マイリンゲン」大会での楢崎智亜、杉本怜、野口啓代の入賞、「モスクワ」大会での緒方良行の入賞に引き続き、今大会でも日本勢が入賞。楢崎智亜と野口は今季W杯で2度目の入賞となった。次の舞台は中国呉江でのボルダリングスピードの2種目だ。引き続き日本人選手の活躍が期待される。

写真提供:JMSCA/野口啓代(写真左)

ボルダリング決勝成績および日本人成績

(上位6位まで決勝進出、上位20位まで準決勝進出)

男子

1位: CORNU Manuel(FRA)
2位:楢﨑 智亜(TEAM au)
3位:PEHARC Anze(SLO
4位:LEHMANN Sascha(SUI)
5位: RUBTSOV Aleksey(RUS)
6位:藤井 快(TEAM au)
―――――――――――――――――――――――――――――――
7位:杉本 怜(マイナビ
11位:原田 海(日新火災)
13位:石松 大晟(Base Camp)
20位:村井 隆一(千葉県山岳連盟)
21位:高田 知尭(鳥取県山岳・スポーツクライミング協会)
23位:楢﨑 明智(TEAM au)
29位:緒方 良行(神奈川大学
31位:土肥 圭太(鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟)

女子

1位:GARNBRET Janja(SLO
2位:野口 啓代(TEAM au)
3位:PILZ Jessica(AUT)
4位:KLINGLER Petra(SUI)
5位:伊藤 ふたばTEAM au)
6位:KADIC Katja(SLO
―――――――――――――――――――――――――――――――
16位:中村 真緒(青山学院大学
21位:森 秋彩(つくば開成高等学校
35位:平野 夏海(国士舘高等学校
43位:倉 菜々子ウィルスタッフ)

スピード表彰者成績および日本人成績

(上位16位まで決勝進出)

男子

1位: MUHAMMAD Alfian(INA)
2位:PAVLENKO Kostiantyn(UKR)
3位:RUKIN Sergey(RUS)
―――――――――――――――――――――――――――――――
24位:藤井 快(TEAM au)
30位:楢﨑 明智(TEAM au)
38位:原田 海(日新火災)
42位:杉本 怜(マイナビ

女子

1位: SONG YiLing(CHN)
2位:RUDZINSKA Aleksandra(POL)
3位:KAPLINA Iuliia(RUS)
―――――――――――――――――――――――――――――――
30位:野口 啓代(TEAM au)
38位:伊藤 ふたばTEAM au)
50位:中村 真緒(青山学院大学
67位:森 秋彩(つくば開成高等学校
72位:平野 夏海(国士舘高等学校

大会概要

大会名:IFSCクライミングワールドカップ(B,S)重慶2019
開催日:2019年4月26日(金)〜28日(日)
開催地:重慶(中国)
種目:ボルダリングスピード

文・金子修平