【大きい画像を見る】『カルドセプト エキスパンション』本日5月1日で20周年! ボードゲーム+デッキ構築が新たな刺激を生み出す【読者の声を追記】

令和に入って初の20周年記念作品は、プレイステーションソフトカルドセプト エキスパンション』です。

カードを取り入れたゲームファミコン時代からすでに存在していましたが、デッキ構築型のカードゲームは、プレステ・サターン時代に数多くリリースされました。その中でも、独自の切り口で注目を集めたのが、セガサターンソフトカルドセプト』であり、その後に続いた『カルドセプト エキスパンション』です。

カルドセプト エキスパンション』が発売されたのは、ちょうど20年前となる1999年5月1日。この記念すべきアニバーサリーを祝い、『カルドセプト エキスパンション』の特徴や魅力を振り返ってみたいと思います。

◆『カルドセプト』の魅力を広くアピールした『エキスパンション』! プレステでも名作ゲームを展開

シリーズの原点となる『カルドセプト』が発売されたのは、1997年10月カードを自ら選んで構築するデッキ型のカードゲームは、現実世界でも高い人気を集めており、その勢いはコンピュータゲームの世界にも及びました。

ですが、数多あるカードゲーム作品の中で、『カルドセプト』が独自の地位を築くに至った理由のひとつは、ボードゲームベースとした点にあります。デッキ構築型カードゲームの多くは1vs1の対戦スタイルポピュラーでしたが、『カルドセプト』はバトルの軸をデッキ構築型カードゲームに置きながらも、ゲームの進行と勝敗を担うボードゲーム部分を融合させ、揺るぎない独自性を打ち出しました。


運の要素も絡むボードゲームデッキ構築による戦略性が組み合わされたことで、状況に即した判断力が求められると共に、一発逆転の要素も盛り込まれました。この偶発性と、不運でも実力で勝利に近づく戦術の兼ね合いが好評を博し、一作目から多くのゲームファンを虜とします。

そんな『カルドセプト』の魅力を受け継ぎつつ、パワーアップを経て登場したのが、本作『カルドセプト エキスパンション』です。セガサターンユーザーを羨ましく眺めていたプレステユーザーにとっては、新たなプラットフォームで展開するだけでも朗報でしたが、ゲームシステムの洗練や新カード・新マップの追加などが行われ、ゲーム性そのものの向上にも成功します。

カルドセプト』が新たな可能性を切り開いた作品とするならば、より完成度を高め、ユーザーの裾野を大きく広げることに成功したのが『カルドセプト エキスパンション』と言えるかもしれません。


カルドセプト エキスパンション』を迎え入れたプレイステーションでは、ここから更なる展開を遂げ、2800円という低価格を実現した『カルドセプト エキスパンション・プラス』が登場。しかもこちらの作品には、新マップを含めた対戦用マップが20面も追加され、シリーズの人気を盤石なものとしました。

こうして急成長を遂げた『カルドセプトシリーズは、プラットフォームを変えながら、シリーズ展開を続けています。『カルドセプト エキスパンション・プラス』以降の流れや、今遊べるシリーズ作の環境についても、迫ってみたいと思います。

◆長年愛されてきた『カルドセプトシリーズ─『カルドセプト エキスパンション』は今遊べるの?

カルドセプト エキスパンション・プラス』が登場したのは、2000年11月プレステでの活躍はここで一端終わりを告げ、シリーズの展開はドリームキャストソフトカルドセプト セカンド』に受け継がれます。ここで『カルドセプト』は大きな進化を見せて、ドリームキャストの機能を活用したインターネット対戦も実現。これまで、身近な相手とAIだけが対戦相手でしたが、ライバルが一気に増える形となりました。

この『カルドセプト セカンド』もパワーアップバージョンリリースされ、2002年9月にPS2ソフトカルドセプト セカンド エキスパンション』が発売されます。前作があってこそですが、カードの追加やバランス調整、新要素の搭載など、『セカンド』がよりよい作品になったと賞賛を集めました。


その後、Xbox 360ソフトカルドセプト サーガ』や、DSソフトカルドセプトDS』、3DSソフトカルドセプト』などが登場し、次々とシリーズの展開を深めていきます。そして、シリーズ最新作であり、10年ぶりの完全新作となった『カルドセプト リボルト』が、2016年7月に発売。これまでのシリーズ作品とはガラリと変わりつつも、『カルドセプト』の魅力を新たな形で提案した作品として、こちらも高評価を集めています。

多彩な展開を遂げ、それぞれ評価を受けた『カルドセプト』。シリーズ化を決定づけた『カルドセプト エキスパンション』は、その歩みを語る上で欠かせない1本に違いありません。


この名作を今遊ぶ環境としては、オリジナル版をプレイする他ありません。しかし、対戦用マッが追加された『カルドセプト エキスパンション・プラス』ならば、PS3PSPPS Vita向けのゲームアーカイブス版があります。価格も、617円 (税込)とお手頃。また、『カルドセプト』の発展系とも言える『カルドセプトDS』もお勧めです。

カルドセプト』の発売から3年近くが経過しているので、そろそろ新たな展開が欲しいところ。嬉しい発表が来ることを願いつつ、懐かしの名作を遊んでみるのも一興でしょう。このゴールデンウィークを使って、プレイしてみてはいかがですか?


ゲーム画像は『カルドセプト エキスパンション・プラス』のものです。

次のページでは、『カルドセプト エキスパンション・プラス』に向けた読者の声をご紹介!

◆名作に想いを馳せる読者の声! 「人生を変えるソフト」の一言も納得の、高い熱量のコメントが集結

今回の20周年記念に合わせ、「『カルドセプト エキスパンション』について一言!」を読者に向けて幅広く募集。その結果、ご覧いただければ一目瞭然ですが、非常に熱量の高いコメントの数々をいただきました。ご協力、本当にありがとうございます!

当時『カルドセプト』を遊んだ方々は、その時代を共に駆け抜けたユーザーたちの声を通じて、懐かしい思い出などを振り返ってみましょう。また、未体験の方も、多くの人の心を震わせた作品があったこと、そしてその魅力を垣間見てください。(全てご紹介できずすみません…!)

【読者の声】
・青春を捧げた思い出深いゲームです。当時はオンライン対戦がなく、オフの対戦会が主流でした。その頃出会った仲間とは今でも交流が続いていて、最新作でもたまに「カルスタ」で対戦してますし、時折自宅に集まって、今では子供達も交えて対戦を楽しんでいます。一生遊び続けたいので、大宮ソフトさん、次回作も期待しています!

・私が初めて触れたカルドセプトシリーズ。友人にライフォをかけられリコールされたのも今では良い思い出。

・平成の大部分を遊んでいたゲームです。これを教えてくれた友人は元気にしてるかな。

オンライン対戦できるPC版も作ってほしいです。

・人生初のカルドセプトでした。まさかこれが人生を変えるソフトになるとは。

・初カルドでバンパイア手に入れた時は何て強いんだと興奮した思い出。

・凄い楽しいがやりすぎると友達なくすので対戦はほどほどに。

switchで出してほしいです。

・なぜSSじゃなくてPSで!?との思いが当時は強かったです。が、エキスパンションのおかげで大きく知名度が上がって、のちのセカンドに繋がったことを思うとよかったなと思います。ヘッジホッグとバンディクートの入れ替えなど遊び心もありましたね。友人と週末に集まって酒飲みながらプレイするのが最高に楽しかったです。

・ミーガーロードゥン リイィンカーネーショォォン

・運命の出逢い。

・20周年おめでとうございますカルドセプト エキスパンションは友人の家でサターン版を遊んでから待ちわびて買いました。新作待ってます!

・初めてプレイしたカルドセプト、人生を狂わされました。

・弟の友人が自宅でやっていたのが初めてのカルドEXとの出会いで一目惚れでした。結婚してください!

PS2のエキスパンション2から始めました。面白いです。

・このカルドセプトエキスパンション無くしては、セカンド以降の作品は生まれなかったと言えようか。

・やらなければいけないゲーム。やらないのはおかしいゲーム

・漫画の完結編が見たい。

・とても思い出深いです。遊ぶ相手を作りたくて、友人に貸して回ってる間に、失くしてしまい、ほとんどを、エキスパンションプラスで過ごしました。

・相手のケルピーにイビルブラスト

・カルドとの出合いでゲームに対する価値観が変わりました!令和になっても続けて遊べると思えるタイトルです!!新作でもリメイクでも、ずっと待っています…!!

カルドセプトは1作目と2作目、DS版を購入し、友達で集まってみんなで熱中した作品です。元々トレーディングカードゲームをしていましたが、お金がいくらあっても足りず、新弾が発表されるたびに変わるルールに疲れ気味になっていた頃、ゲーム雑誌を通じてこの作品に興味を持ち、発売当日に購入しました。対戦型カードゲームの面白さを詰め込んだような作品で見事にハマってしまいましたね。
アイテムを破壊するグレムリン、援護効果と先制攻撃を併せ持つヴァルキリー、水の地形に置けばぐんとライフの上がるアイスウォール等、カード特性や地形を意識した戦略性に加え、カードを少しずつ増やしていく楽しみも飽きることなく長く遊び続けられた要因です。カード作成画面でデッキ構築に悩みながら、あの癒しBGMを子守歌に寝てしまったことも思い出深いですね。伊藤賢治さんの曲は神!です(笑)

・まだネットワーク対戦のなかった時代、対戦者を求めて草大会に参加。決勝戦で有名プレイヤーが潰しあうなか漁夫の利勝利で優勝できました。運と実力のバランスが絶妙な良ゲーム。キーカードを引くタイミングが1ターン違うだけでいくつものドラマが生まれてきました。このまま終わらせるシリーズではないです。このまま終わらせるタイトルではないです。#ラストリボルト で検索検索ぅ

・初カルドでした、対戦相手はいませんでしたが「カードだけ、ダイスだけでは勝てない」そういうゲームは本当に初めてだったので驚きました。ただ、逆にどっちかに運がないと勝てないのも事実……。個人的には以降のシリーズより今作の種族要素が大好きです。あとはAI作成・対戦機能、そして未だ導入されないマップ作成機能があれば最高でしたが……。

・『カルドセプト エキスパンション』でテスト版が作られた紙のカードゲームカルドセプト、その後新展開がなくなってしまったのが後から見ていて残念に思いました。またカードゲームに挑戦して、いつか全てのイラストカードを市販品として購入できるようになって欲しい!

カルドセプトイラストの展示会や、古代祐三さん、伊藤賢治さんによるライブ等、カルドセプトの魅力を伝えるリアルイベントがいつか開催されて欲しい!
現在カルドセプトシリーズイラストを数多く担当され、ポケモンカードでも伝説級の活躍をされている『有田満弘』さんが今でもカルドセプトを好きでいて下さり、有田さん個人でカルドセプトの画集を出されたり、イラストの秘話を語って下さる事を常々とても嬉しく思っています。
インサイドさんのインタビュー記事として、有田満弘さんのカルドセプトに関するインタビューを是非実施していただきたいです!

カルドセプトエキスパンションは、私がはじめて購入したカルドセプトシリーズの作品です。第一回公式全国大会の本選には、見学に行きました。選手達の熱気に高揚しまくりました。会場中のセプターが固唾を飲んで見守る決勝は、終盤の首位攻防がすごかったです。
メテオを握りしめトップマサオサダ氏を牽制するBLT-phive氏。レベル4にあげて、メテオを誘発させようとするマサオサダ氏。BLT-phive氏は護符を絡めた土地増資で達成アクションを優先し、次こそメテオ発動か、と場の緊張が高まった瞬間、マサオサダ氏が鮮やかに引いたスワップスペル・・・。セプター同士が言葉を使わずにプレイで語らう光景。カルドセプトエキスパンションに録画などの機能はありませんでしたが、今でもまるで数日前のことのように当時の試合を思い出します。
世の中の流れは、手軽で簡単に遊べるゲームが好まれているように思うけれど、カルドセプトだからこそ味わえる感動がある。それは私の心を捕らえて離さないのです。次回作ではどんな進化をとげるのか、ファンの一人として楽しみにしています。

・SS時代からのファンです! 是非、今はプレイ出来ないカルドセプト モバイル アナザーチャプターの復活もよろしくお願いします♪

・まさかセガサターンからプレイステーションに移植されるとは思わなかった作品。でも、カルドセプトがここで埋もれるのはもったいないと思ってプレイステーションに出したに違いないと自答した…。それで当時出た一言「次(次回作)に繋がった!」でしたね。カルドセプト20周年おめでとうございます! 当時からいろいろとお世話になりました。これからも陰ながら応援しています。 OTTE(当時のHN)

・この作品の大きな魅力は、やはり重厚なファンタジーイラストの数々だと思います。特に『エキスパンション』ではイラストを担当される方が少ない事もあり全体の統一感がある事が『セカンド』以降の多彩なカードイラストとは違った良さを感じさせます。
王道イラストだけではなく『アンシーン』のような"透明人間"を表現される挑戦的な作品や、『リトルグレイ』『チュパカブラ』『モスマン』のようにファンタジーとは無縁そうなUMAがいるというのも面白い点の一つです。特にリトルグレイについて、フレーバーテキストの"天空に逃げのびた妖精族の一種"という解釈が面白く、カードから読み取れる作品世界のファンになりました。

・現時点のシリーズ最新作『カルドセプト リボルト』が過去の作品の要素を踏襲しつつ、ゲーム時間をスピードアップしてより遊びやすくする調整・新ルールへの挑戦も見られた作品で、大宮ソフトの皆さんがまだまだ新しい事をやろうとする意気込みが見られる作品でとても面白かったです。
自分がカードゲーム+ボードゲームという新しいジャンルに出会ってゲームの楽しみを多く広げられたように、今後もカルドセプトに魅力を感じる新しいファンを獲得できる作品を作って欲しいです!

【関連記事】
PS版デビルサマナー ソウルハッカーズ』本日4月8日で20周年! 時代を先駆けたシナリオと魅力的なゲーム性を合わせ持つ名作RPG
・『サガ フロンティア2』本日4月1日で20周年! 忘れられない魅力やその後のシリーズ展開を振り返る
PS版ToHeart』本日3月25日で20周年─健気系幼なじみメイドロボ、黒魔術な無口先輩・・・とても一人に絞れない! 不朽の名作を今遊ぶには?
・20年前の3月11日に『奏(騒)楽都市OSAKA』と『キャプテン・ラヴ』が発売! プレステ時代の“濃さ”を垣間見る
ホラーゲームの金字塔『サイレントヒル』、本日3月4日で20周年─闇と音が、静かな恐怖を引きずり出す・・・!
・『マール王国の人形姫』本日12月17日で20周年─「女は行動力」なミュージカルRPGに、ちょっと嬉しい新展開が!
・『NOeL3』が20周年! 美少女恋愛ゲームからまさかの「ハッキングADV」に発展─“ゲームで描いた未来”と21世紀が交わる
・『久遠の絆』本日12月3日で20周年─千年の悲恋と輪廻転生を確かな筆致で描き切る! 今もアクセスしやすい名作ADV
・『R-TYPE Δ』本日11月19日で20周年! 自機の選択やΔ-ウェポンなど、シリーズに新たな魅力を加えた意欲作
・『サンパギータ』本日10月15日で20周年! 名台詞も忘れられない「やるドラ」3作目は、エキゾチックバイオレンスが展開【ほかの画像を見る】『カルドセプト エキスパンション』本日5月1日で20周年! ボードゲーム+デッキ構築が新たな刺激を生み出す【読者の声を追記】
『カルドセプト エキスパンション』本日5月1日で20周年! ボードゲーム+デッキ構築が新たな刺激を生み出す【読者の声を追記】