竹内涼真

1日の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)では、新コーナー「ネタ掘れワンワンの旅」で竹内涼真シベリアンハスキージャーマン君が、面白いネタを探しに街中でロケを決行。

犬を飼っているという竹内だが、ロケ中、そうとは思えないようなジャーマン君への対応に、視聴者がざわついている。

 

■一緒にパン屋に入店

ロケ中、ジャーマン君が興味を示し、立ち止まったのはパン屋。竹内は「大丈夫ですか? ワンちゃん入っても…」と店員に聞き、店の許可を得て一緒に入店。

ジャーマン君の入店直後には、「お店の特別な許可を頂き撮影しています、通常はペットの入店はできません」と、注意のテロップが表示されている。

 

■犬にパンを…

竹内は店内でジャーマン君に「お座り!」と呼びかけ、床に座らせた。ここでも「衛生面に配慮して撮影しております」と注意のテロップが入っている。

ジャーマン君をお座りさせた直後、パン店の店員から「あげても大丈夫ですか?」と、1枚の食パンを手渡された竹内。「食パンくれるってよ」と話しかけて、一口サイズに千切ったパンをその場で食べさせた。

かつてはペットに人間と同じ食べ物や残飯を与えることもあったが、最近は塩分など動物の健康にはよくない成分を入れない「専用フード」を与えるのが一般的だ。ペットフードだけでなく、ケーキや料理などを提供する店もある。

■「店に良いと言われても…」と批判も

視聴者からは、パン屋に犬を連れて入るという行為や、パンを食べたジャーマン君の健康などを気にする声が殺到。

 

■ペットフードと人間の食事は違う

とくにペットを飼ったことがある人なら多くが知っているだろう、人間の食事との違い。今回は「ペットが人用のパンを食べる」というケースだったが、逆にペットフードを食べてしまった人は、どれくらい存在するのだろうか。

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,371名を対象に「犬と猫どちらが好きか」を調査したところ、全体の11.0%が「ペットフードを食べたことがある」と回答した。やはり、かなり限られた割合だ。

ペットフード

犬や猫が、人間の食事を欲しそうにしているように見えることはたしかにある。しかし、やはり人とペットの食べ物は違うもの。愛情があるからこそ、冷静な対応が必要だ。

・合わせて読みたい→竹内涼真と山崎賢人が横浜ロケ 「遭遇したら死んでもいい」の声も

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2015年11月20日2015年11月24日
対象:全国20代~60代の男女1,371名

『笑ってコラえて』竹内涼真が相棒の犬とロケに パン屋での対応に波紋広がる