フィアットを象徴する存在として知られる「500」をベース180ps・230-250Nmの1.4ℓ直4直噴ターボエンジンを搭載するなどホットに仕立てた「アバルト595コンペティツィオーネ」。それに超高級ボートメーカー「リーヴァ」とコラボレートし特別な内外装を与えた限定車「アバルト695リヴァーレ」のキャンバストップモデル「アバルト695Cリヴァーレ」に試乗した。 PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)

180ps・230-250Nmを発する1.4L直4直噴ターボエンジン
後席にも専用のブルーレザーを採用
ブルーレザーのフロントスポーツシート

 それが、リーヴァの56フィート・フライブリッジボート「リヴァーレ」をモチーフにしてブルーグレー基調の内外装を備えた「695/695Cリヴァーレ」となると、その可愛さとヤンチャさを損なうことなく、イタリアンラグジュアリーならではの洒脱さが上乗せされているから、不思議というより他にない。しかも今回試乗したのはキャンバストップの「アバルト695Cリヴァーレ」だったので、なおのことその洒脱さが強調されていた。

ブルーのレザーとマホガニーの加飾パネルで豪奢に仕上げられた運転席まわり

 ただし、キャンバストップがもたらす開放感は、695Cに限ったことではないが率直に言って“サンルーフよりはマシ”程度のもの。しかもオープン時は後方視界と荷室スペースが少なからず犠牲になり、車重も40kg重くなる。購入するユーザーはまさに、機能性(=ハッチバック)を取るかオシャレさ(=キャンバストップ)を取るかという、ファッションセンスそのものを問われることになるだろう。

205/40R17 84Wのミシュランパイロットスポーツ3を装着
専用のアクラポヴィッチ社製ハイパフォーマンスエキゾーストシステム

Specifications】
<アバルト695Cリヴァーレ(FF・5速RMT)>
全長×全幅×全高:3660×1621505mm ホイールベース2300mm 車両重量:1160kg エンジン形式:直列4気筒DOHC直噴ターボ 排気量:1368cc ボア×ストローク:72.0×84.0mm 圧縮比:9.0 エンジン最高出力:132kW(180ps)/5500rpm エンジン最大トルク230Nm(23.5kgm)/2000rpm(SPORTスイッチ使用時は250Nm(25.5kgm)/3000rpm) 価格:422万円

アバルト695Cリヴァー