iStock-1043065600_e


 アポロ計画により、1969年から1972年までに6回行われ、その都度月面にアメリカ星条旗が設置されてきた。

 それらの旗は今、どうなっているのだろう?
 NASAの公式見解によると最悪の状態だそうだ。

 数十年太陽光に晒され、強烈な紫外線を浴びた結果、一番古いアポロ11号により設置された旗は消滅し、他の5つの旗もかろうじて残っているものの、その象徴的な旗の色は失われてしまっていると予想されている。

―あわせて読みたい―

今も月面に残されている7つのもの
人類の月面着陸が本当だったということを証明する7つの簡単な方法
「わたしたちはNASA」 設立から60周年を迎えるNASAが過去・現在・そして未来へと続く感動のムービーを公開!
NASAの火星探査機「インサイト」がついに火星へ出発!未知との遭遇に期待(アメリカ)
史上初の月面着陸をしたアポロ11号は宇宙人の活動拠点を見つけていた?音声テープに残されていた不可解な記録

最後の月面有人着陸から47年

 一番古いものは1969年7月に、アポロ11号ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン月着陸船操縦士が設置した、大きさ約1x1.5mのレーヨン素材の星条旗である。今から50年前だ。

moon-landing-62879_640_e

月面に立てた星条旗に敬礼するオルドリン月着陸船操縦士

 一番新しいものでも47年前の1972年12月アポロ17号ユージン・サーナン船長とハリソン・シュミット月着陸船操縦士により設置された。

 アポロ17号を最後にNASAは一度も月面着陸計画を行っていない。

5_e

地球を背景に星条旗の前でポースをとるシュミットヘルメットのバイザーにはサーナンが映っている

月面の過酷な環境が旗を破壊


 なお、アポロ計画で設置された旗は、2012年ルナー・リコネサンス・オービターによってその姿が撮影されており、モノクロだが漠然とその様子がわかる。

 アポロ11号の立てた旗はその穴のみが残されており、他の5つの旗も状態は良くない。

 地質学者で2018年8月に他界されたポール・スプディス(Paul Spudis)氏はかつてこう説明した。

 四十数年間、アポロ計画の宇宙飛行士によって立てられた6つの旗は厳しい環境に置かれてきた。月面は100度を超える日と-150度を下回る日が14日間交互に繰り返される。更に強烈な太陽光による紫外線が旗の生地を破壊していく。それは色落ちだけではなく生地を物理的に消滅させるのに十分なほどの線量だ。


160 Beats Per Minute: The Final, Frantic Moments Before The Historic Moon Landing | Mach | NBC News

2024年、NASAは再び月を目指す

 NASAは今後2024年までに月面着陸計画を再始動する意向を示しており、月面に活動できる拠点を設置する計画もあるという。

 しかし現在アメリカの宇宙機関が国から年間受け取る費用は2兆円ほどだ。一方で、月面着陸を可能にするにはおよそ14兆円は必要だと言われている。この計画が軌道に乗るには莫大な費用が必要となるだろう。

 NASAのジム・ブリデンシュタイン局長は2019年4月9日、「私たちはこの計画が実行できる技術者も、野望も持っています。あとは大統領の一声と資金だけです」と語っている。

 NASAは今後スペースシャトルから派生した大型ロケットスペース・ローンチ・システム(SLS)」の開発に力を入れるそうで、計画通りにいけば2024年には初の男女での月面着陸と2028年には居住区設置が可能になるという。


NASA's Space Launch System, First Flight Mission 1 animation
References:NASA moon landing SHOCK: Why space agency admitted flags ‘probably disintegrated’ / written by riki7119 / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273851.html
 

こちらもオススメ!

UFO宇宙人についての記事―

もしもUFOを目撃したら?米海軍がUFOの目撃報告について正式なガイドラインを制定(アメリカ)
月の前を横切る、ひし形のUFO2機が目撃される!?(トルコ)
なぜ異星人は見つからない?彼らは意図的に姿を隠し「地球動物園」を観察しているという仮説
科学的にあり得る可能性が高い、10種の地球外生命体
こ、これは!火星の地表に金属と思われる奇妙な部品が発見される

―知るの紹介記事―

「あの子に会いたいニャ」 向いの建物に住んでいる猫に恋した猫の想いをかなえるべく、飼い主が仲介に。作戦大成功!
20万種近い未知のウイルスが海で発見される。これまで発見されていた既知のウイルスの数を上回るほどの数
月の正体は、原始の地球を覆っていたマグマオーシャンが固まったものかもしれない(日本研究)
酔った勢いでポチる人は約79%。飲酒とネットショッピングの関係を徹底調査(アメリカ)
アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第37回:子がっこと猫たち
アメリカが月に立てた6つの星条旗は今どうなっているのか?